福家警部補の再訪 大倉崇裕

福家警部補の再訪

『マックス号事件』
東京の南、鹿角(かすみ)諸島を周遊している
豪華客船マックス号で殺人事件が起きた。
ウッドブラウンに統一された部屋で、
川上直巳(かわかみなおみ)が頭から血を流して
息絶えていたのだ。

10年前、渋谷に
探偵事務所を開いた原田明博(はらだあきひろ)は、
フリーの調査員をしていた直巳と組み、
某社長夫人の万引きをネタに強請り、大金を手にした。

3年後、ふたりは稼いだ金を折半してパートナーを解消。
直巳は大阪でスナックを開き、原田は会社を
警備業も請け負うハラダ警備保障として、
防犯グッズや自動警備装置などの販売で売上を伸ばし、
コメンテーターとしてテレビの出演もこなす
順調な成長を見せていた。

ところが借金まみれになった直巳が舞い戻り、
過去の強請りを口外すると脅してきたのである。
来年にはアメリカ進出を企む原田にとって、
直巳の口を封じる必要がある。
そんな折り、チャンスが舞い込んできた。
マックス号のクルーズだ。

犯行は完璧に思われたが、そこに突然現れたのは、
船内で拳銃捜索に夢中になって、気がついたときには
船が出航していたという、小柄で童顔、
捜査一課警部補の福家だった。

『失われた灯』『相棒』『プロジェクトブルー』と続く、
間抜けで頼りなく思えるが、
鋭い洞察力が光る福家警部補シリーズ第2集。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。