そこが知りたい雑談のコツ! わかる・話せる「つかみ」の15秒法則 中谷彰宏

そこが知りたい雑談のコツ!

仕事を成功させたい人、恋人と親密になりたい人、
アイデアを出したい人のために書かれたという本書には、
雑談の達人になれるコツがさまざまな場面で、
そのときどきの状況に応じた、
人の心をつかむ手法が仔細に紹介されている。

目次
プロローグ
1章 「できない、モテない、オヤジ」の
   雑談パターンにはまっていないか?
2章 モテる人は、口説き文句を言わずに、
   雑談で口説く。
3章 できる人は、プレゼンをせずに、
   仕事を勝ちとり、人を動かす。
4章 誰も教えてくれない、雑談の達人に変わるコツ。
5章 日常生活でできる雑談トレーニング。
エピローグ

クイズには15秒ルールというものがあり、
質問から答えまで、15秒でひとつの話を完結する。

雑談の達人は15秒を無限に引っ張る
推理小説にしてしまう能力があり、
15秒で終わる話がもっと聞きたい話だと
思わせることができるのである。
つまり雑談で大切なのは短いリズムなのだ。

雑談とは舞台やライブ、偶然性を誘発するジャズ、
それから連想ゲームやサッカーと同じように
生き物であり、聞き手は話の流れを止めずに、
前の人の話をつなげることが重要で、
ストンと落としたオチは、次のジャンプ台になる
リレーゾーンとなる。

雑談で大切なことは、素早いレスポンスとトーンを
読み取りながら表情を聞き、不要な部分は切り捨て
ポイントを中心でとらえて、話しながら考え、
相手といっしょに作り上げることなのである。

雑談の目的は雑談で、とりとめもない流れこそが肝要。
相手のキャラを知り、興味を探ることで信頼が生まれる。

その場所、自分とその周辺の身近な話や
体験談などをネタに雑談から入り、
そのままリラックスした雰囲気で本題に進めば、
会議もプレゼンも恋人や友人との関係性もうまくいく。

常にアンテナを張り、観察力を培っている人、
相手のリズムや興味を慮ることができる人は
話題が豊富で柔軟性があり、
雑談上手といえると語る著者が、
人とつながるスタートラインである雑談の
達人になるためのノウハウが語られる雑談教本。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

コメント、ありがとうございます

拙ブログをご笑覧くださり、ありがとうございます。

とても素敵な文芸サークルを運営していらっしゃるんですね。
さっそくホームページを拝見させていただきます。

取り急ぎお礼申し上げます。

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。