イタリア紀行 その2 capitolo 4

ウェディング

フェスティバル当日。
朝早めにおばあちゃん宅へ赴いたつもりだったが、
すでにガタイの良いイタリア男性たちが広い庭に
集会用テントを設営していた。

「ボンジョールノ」とあいさつを交わし、わたしたちも
盛り付けなど、最後の仕上げにとりかかる。

和食メニューがなんとか形になると、
急いで浴衣に着替える。
十数人いる日本人女性は、
可能なら浴衣で参加と取り決めていたのだ。

テーブルにはアッロスティチーニ(羊肉の串焼き)、
ポルケッタ、ラビオリ、パニーニ、ピツェッタなどと
和食数品。

そして大きなビアサーバーで飲み放題の
イタリアビールを味わいながら、幸せ最高潮の
イタリアーノとジャポネーゼに見惚れる。
ちょっと羨ましくも幸福感に包まれた晴れの日。

『ウェディング・ベル』でも歌っちゃおうか(笑)

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。