イタリア紀行 その2 capitolo 3



ここは明日のウェディングガーデンフェスティバルの会場になる
新郎のおばあちゃん宅。
これから、今回の旅いちばんの目的であるパーティ、
その準備をするのだ。

イタリア料理はケータリングとノンナ(おばあちゃん)の手作り。
わたしたちは和食を提供する。
「気合いだ!気合い ‼︎」と、喝を入れてとりかかる。

まずお鍋でご飯を「炊く」ではなく「煮る」
酢飯にでんぶやきな粉などで色をつけ、
オレンジ色の山ごぼうを芯に細巻きを重ねて
白い酢飯で太巻きにする。
ん〜、練習のときとは異なり、
ちゃんと花巻寿司になっているかな。

五目寿司の元を使ってちまき寿司といなり、
根菜と飾り麩で煮物とかぼちゃのそぼろ餡かけを作り、
枝豆を茹でる。

ほぼ下ごしらえが完成したころには日もどっぷり暮れていた。
昨夜、総勢7人で飲み干してしまった新郎宅の
ワインを補充するためスーパーに寄って彼らの自宅に戻る。

ついでに仕入れたイタリアの食材で簡単な夕ご飯を作り、
みんなで乾杯する。
明日のフェスティバルに向けてチンチン(乾杯)!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。