まんがサイエンス あさり よしとお

漫画

良質の野菜や果物から採れた種を蒔いても、
同じようにでき良く実るとは限らない。
そこでコピーした種を作る。

もとになる野菜を細かく刻み、
その欠片に栄養を与える。
それが “カルス”という種の元になる。

さらに特別な装置で小さな芽の元に育ったものを
1つずつカプセルに入れてできた人口種子は、
親とまったく同じ性質を持つのである。

ユニークな科学者 “ミスター人口種子”たちが、
難しい科学をまんがで分かりやすく解説。
『5、6年の科学』に連載された科学まんが。
27作品が収録されたまんがサイエンスシリーズ第1巻。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 江戸時代になり一般に普及して

土用の丑の日に平賀源内とうなぎとお酒

うなぎ

今日は土用の丑。
そう、うなぎを食べられる日なのである。

“食べる日”ではなく、“食べられる”と書いたのは、
今やうなぎは高級食材だから、
我が家では1年に1度の贅沢なのである。

ちなみになぜうなぎかというと、
それは江戸時代のこと、
実はうなぎの旬は冬で、夏はうなぎが痩せて
売れないことを憂いた鰻屋さんが
平賀源内に相談したところ、
「土用の丑の日には“う”の付くものを食べる、
という伝承に乘っかっちゃえば」
という助言が起源だとか。

うな重もうな丼も最高だけれど、
今年は変化球で行こうと胡麻酢和えにしてみた。

薄切りにした本瓜を塩麹でもみ水切りし、
5mm幅に切ったうなぎの蒲焼と合わせ、
ごま油にポン酢を足してよく混ぜる。

とりあえず味見。
う〜ん、美味。
最高の和食には最高の和酒とばかりに、
これまた大義名分を振りかざし、
今日も我が家は酒宴と化す。

♪しあわせだなぁ、ぼかぁ、きみ(お酒)と
いるときがいちばんしあわせなんだ……
ほんと、単純でお手軽な幸せですね。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

雨やどり 半村 良

雨やどり

ルヰのマスターでバーテンダーの仙田は
四谷のマンションを買って、ようやく
自分の居所を得ることができた。

それから半年が過ぎ、季節は夏。
10時ごろ起きた仙田は新聞を取りに
1階まで降りていった。

曇天だった空から急に大粒の雨が
落ちてきた途端、和服の女性が
飛び込んできた。
バー綱木のホステス・邦子である。

雨はしばらくやみそうもない。
雨やどりすればいいと、
仙田は邦子を部屋へ招き入れた。

その日をきっかけにふたりは急接近していくが、
邦子の左手薬指には
弧を描いた痕がついていたのである。

表題作の『雨やどり』をはじめ、
物悲しくも哀愁漂う人間ドラマ8編が収録された
連作短編集。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

SO YOUNG KOHJI YAMAMOTO

ヤング

12年前の法改正により、成人の殺人犯は死刑確定、
未成年者はDIE場都市(ダイバーシティ)に
入所させられ、生涯自由を奪われる。

広く知られてはいないが、そこは地獄のような監房。
絶対に未来ある青少年を
塀の中へ入れさせはしないと、
渋谷に舞い降りた天使(あまつか)通称エンジェル。

NPO法人でボランティア団体マイノリティ
YOUNG相談室に籍を置くエンジェルは、
死に近づき過ぎた人間の業(カルマ)が
見えるようになっていた。

後輩に万引きを強要される高校生や、
9年前に誘拐され7年後に保護されて、
今は中学生となった少女などを救済する
エンジェルだったが、
実はダイバーシティ出身者だったのである。
そして彼には壮絶で過酷な過去があったのだ。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

Benvenuti !(ようこそ)

イタリア語

イタリア語を勉強し始めて1年。

最初のころは、どうして無機質な物なのに
女性名詞と男性名詞?
母国語が日本語のわたしに
冠詞の概念などない。
しかも冠詞と動詞の活用変化が多すぎて、
ご老体の脳には入りきらない。

と、何度挫折しかけたことか……

それでもイタリアのクリスマス休暇を利用して
来日したイタリア人に
「Benvenuti in Azumino! (ようこそ安曇野へ)
Non ci vediamo da tanto tempo.(久しぶり)」と
コミュニケーションが取れたときは、
脳に鞭打った苦労がぶっ飛んだ。

そして伊学も1年経過し、テキストが変わった。
表紙の上段には
「Corso elementare di italiano」と書かれていた。

イタリア語初級コースという意味だそうだ。
えっ?、1年間も苦しんだのに、これから初級 ⁉︎

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

6ステイン Traces of six stains 福井晴敏

6ステイン

電波状況が悪く途切れとぎれの通話にイライラしながら、
部下に携帯電話で指示を出していた。

さらに、バタバタと車輌の端から端を
動き回る小学校低学年らしき少年に
苛立ちが頂点に達した中里裕司は、
大人気なくその子を脅してしまうが、彼も怯まない。
少し離れた座席で無言の睨み合いが続く。

電車が無人駅に着くと、陰惨で痩せた男が
乗り込んできて、正面に座り中里をじっと見つめている。

その男は逃亡中の元北朝鮮工作員で、
元治安情報局の工作員だった中里を殺すためだけに
すべてを捨てたという。

トカレフを握ったその男と揉み合いになるが、
手榴弾に気づいた中里は少年を抱き抱え
割れた窓から飛び降りる。

閃光とともに燃え上がる車輌をあとにして、
枕木の上をひたすら走った。
そして悪鬼からの逃亡劇が始まる。

時代変遷で諜報員という仕事から切り捨てられ、
一般社会にしがみついてきたが、
結婚も育児もリアルに捉えることができなかった。

腐った世の中で、
腐った自分のDNAを受け継ぐ子なんか欲しくない。
生き残り、勝利し、自己をよりよく他者に知らしめること、
半端で利己的で卑怯な自分が嫌いで
子どもも嫌いだったはずの中里に父性があることに気づく。

生き残れるか未来ある命を守るれか死闘の狭間で、
いまできる最善のことを必死で貫くハードボイルド。
全6編収録の息もつかせぬ短編集。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

妻は元ヒーロー1    美樹ヌメ夫

ヒーロー

長いあいだ男性だと思っていた相棒は女性だった。
そしていつしか
結婚する羽目になってしまったテディ(TEL子)。
彼女は玩具の星出身で
ぬいぐるみの妖精と呼ばれていた。

命ををかけて宇宙からの侵略者や悪人から
人々を守るヒーローは、相棒のテレフォンが
引退する際、なぜかテディの言葉を
プロポーズと勘違いし、結婚してしまったのである。

扉は200kg、重力は地球の10倍もある新居だが、
広い寝室を見て子どものようにはしゃぐテディ。

ヒーローの世界よりもエキサイティングな新婚生活。
ドレッシーなワンピースを着ても
剣闘士にしか見えない、笑いをこらえつつ、
でも笑わずにはいられないコメディコミック。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

雪が降る 藤原伊織

雪が降る

「母を殺したのは、志村さん、あなたですね」
志村秀明の社用PCに1通のメールが届いていた。
タイトルは『雪が降る』とあった。
送り主は出世コースで差をつけられた
同期の高橋一幸の息子・道夫だった。

道夫の母・陽子は4年前の大雪の日、
第三京浜を走行中、
スリップ事故を起こし亡くなった。

秀明と一幸は友人であり、新人のころ
陽子を奪い合う仲だったが、
秀明の大阪転勤という人事も影響してか、
陽子は一幸を選んだのだ。

しかし時を経て、偶然再会した秀明と陽子。

道夫が送ったメールには
どんな意味が込められているのか?

『台風』『雪が降る』『銀の塩』『トマト』『紅の樹』
『ダリアの夏』6編が収録された珠玉の短編集。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

セブンイレブンの700円くじでブラウンシチュー

シチュー

セブンイレブンの700円くじが大好きだ。
5月・7月・11月に開催されるフェアには、
必ず初日に向かう。

勝率は5割以上。
自力で10割という超ラッキーなときもあれば、
店員さんがハズレくじを当たりくじにかえてくれて、
引いたくじの枚数分、賞品をゲットするときもある。
セブンイレブンのスタッフさんは優しい方が多い。

でも、困った。
今回の当たり賞品は
カフェオーレがほとんどだったのである。
ブラックコーヒー党のわたしは、
ほとんどカフェオーレは飲まない。

そこでお料理に使えないかと考え、
思い立ったのがシチュー。
人参、玉葱、ズッキーニなどの野菜を
1cm角に切り、バターで炒める。
塩胡椒、顆粒コンソメで味付けして、
小麦粉を足し、粉っぽさがなくなったら、
同量のカフェオーレと牛乳でのばしていく。

所要時間10分。
どちらかというとブラウンシチューだけど、
コクがあって成功かな。

くじの賞品で困ったら、お試しアレー!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

桜木さゆみのなぐさめてあげるッ♡ 桜木さゆみ

さゆみ

友人のご祝儀をさゆみに出させ、
子持ちのお母さんをナンパする。

美人の人妻編集担当者に気を奪われるし、
ホワイトデーのプレゼントは結婚式の引出物。

貸した金額は、ん百万円。
返済の誠意を見せてと言っても馬耳東風。

ジゴロのような彼・中野さんとつきあって10年、
レスも続き悩むさゆみは……

ダメダメB型男との愛憎が下ネタ満載で
描かれる自虐エッセイコミック。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

お父さんのバックドロップ 中島らも

バックドロップ

勉強ができて冷静な下田くんのお父さんは
プロレスラーの下田牛之助。
髪と髭を金髪に染めた190cmはある大男だ。

“金色のオオカミ” と呼ばれている悪役レスラーだが、
下田くんの家でご飯を食べたタケルには、
おもしろくて気のいいおじさんに見えた。

しかし下田くんはお父さんのことが尊敬できない。
オリンピックにまで出場した
アマチュアレスリングの選手だったのに、
今は妙ちきりんな格好でリングに立つ悪役だから。

ある日下田くんは父親に本心をぶちまけてしまう。
ショックな言葉を投げつけられた牛之助は、
父親の威厳を取り戻すことが息子のためだと、
あることを決意する。
世界空手チャンピオンのボブ・カーマンに
挑戦状を手渡したのだ。

無謀としかいいようがない……“クマ殺しの
カーマン” という異名を持つ27歳の世界チャンプに、
43歳こけおどしのレスラーが勝てるのか……

ほか3話収録。
ユーモラスで天然で
へんてこなお父さんたちが登場する短編集。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

京のとっときお教えします   オオタガキフミ

京都

日本が誇る歴史と伝統の街・京都には、
見どころ食べどころが盛りだくさん。

ふわふわの氷とフルーツのようなシロップが
絶品のもも氷。
パウダースノーみたいな氷室の氷。
氷でできた器やマリアージュした抹茶と白玉などの
かき氷からはじまり、夏の風物詩・下鴨古本まつり、
独特の栽培方法により京都で生産される京野菜、
パン屋さん、おにぎり、おみやげ、
吉田神社の節分祭などなど。

フリーマガジン『京都ラバン』編集部を舞台に、
取材を通して綴られる、京都のとっときな行事や
食べ物をカラフルなイラストとともに紹介する
コミックガイドブック。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

成人病予防やアンチエイジングにはコリンキー!

コリンキー

最近のマイブームはスーパーマーケット。
地場コーナーには、必ず出逢える
初お目見えの野菜が鎮座しているのだ。

その日遭遇したのは鮮やかなレモン色した
観賞用かぼちゃのような野菜だった。

オーストラリアと日本のかぼちゃを
掛け合わせた、生食の変わりかぼちゃらしい。
名前もキュートなコリンキー。

含まれる栄養素はビタミン類や
カリウムと食物繊維など。
特にβカロテンが豊富なので、
癌・動脈硬化予防、
そして皮膚を正常に保つ働きがあるため、
アンチエイジングにも良いらしい。

もう食べるしかない。
とりあえず手抜き料理で、スライスして
ドレッシングをかけるだけでサラダ完成。
明日起きたらマイナス10歳!……かな?

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

酒の友 めしの友 安倍夜郎

酒の友

「四万十の 青き流れを 忘れめや」
とラベルに書かれた Four Rosess。

そこは著者であるアベチン(安倍夜郎)の
行きつけのお店。
二十数年前に高校の恩師に書いてもらった
ラベルが貼られたバーボンを飲みに通っている。

店主のまりちゃんと、常連のIさん、
ネガティヴなバツ2の美女Oちゃん、
会社社長のUさん、編集者のYさん、
デザイナーのSさんなどの濃い方々は
常連であり物語の出演者。

漫画家の著者にとって「酒の友」とは、いい店、
いい客、いいつまみ、
そしてそこで繰り広げられるとっておきの話。
それがめしの友、ではなく、めしのタネになるという。

宿毛湾でとれたキビナゴのフライ、
著者の故郷高知県四万十川のヤマトテナガエビや
スジアオノリと青さなどなど、
食文化呑み文化が綴られるコミック&エッセイ。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

Vino(ワイン)と 呑ん友



「お酒イケる人?」
「私ですか?……ワク(底もない)です」
「頼もしいですね(笑)」
「冗談ですよ、嗜む程度です」
「では、今パルコ前の公園で信州ワインサミットが
開催されているから、ごいっしょに嗜みませんか?」

イタリア語教室の折り、
そんな会話から始まった、このワイン祭り。
先生と、それに一緒にイタリア語を習っている
友人と3人で訪れたのだ。

梅雨の真っただ中である。
その日も降ったりやんだりの天候。
そんな天気が幸いしてか、
席が取れないということもなく、
今日はイタリア語の勉強も忘れ、
プライベートな話や中華にフレンチにイタリアンの
お料理とともに、信州のワインを楽しんだ。

そして気がつけば、
4本の空き瓶が転がっていた。
まさしく「類は友を呼ぶ」がごとく
呑兵衛は呑兵衛を呼び、呑兵衛の 呑ん友と
あらためて チンチン(乾杯)!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。