どうか幸せになって 作・絵 ごみた こずえ

幸せ

町の図書館に所蔵されている1冊の古本。
端は擦り切れ、紙もヨレヨレ。

そんなボロボロの本のなかに広がる世界は、
ちづ子という女の子が友だちに騙されて
地獄に落ちてしまう物語。

そして最後のページには「どうか幸せになって」と、
手書きのメッセージが添えられていた。

重篤な病を抱えた人、イジメで苦しんでいた人、
多くの人の心をとらえたこのメッセージは、
いったい誰が書いたのか……

そこには娘への
限りない父の思いが込められていた。

優しいタッチで描かれた
全カラーページの愛に満ちた絵本。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

せんべろ探偵が行く 中島らも 小堀 純

せんべろ

せんべろとは千円でベロベロになるまで飲めるお店のこと。

気取らず安く、
ちょっと気の利いたアテがあるせんべろを探して
全国をまわろうと、中島らも氏のマネージャーである
大村氏が提案して始まったせんべろ探偵。

安い飲み屋情報のデータバンクのようなフリーの編集者・
小堀氏と大村氏中島氏らの居酒屋巡り。

せんべろの聖地、通天閣がそびえ立つ新世界を皮切りに、
横浜、名古屋、東京、神戸、博多、広島、金沢と
全国津々浦々で、酒二合飲めば一合サービスとか、
芋ポテトにいなご、ホヤにマテ貝、酒が自販機の飲み屋など
風変わりな酒屋、鱈と白菜が入っている湯豆腐も、
厚い切り身が5切れも乗っている鯵の刺身も130円という
驚くべきありがたい値段のアテが自慢のお店などが
紹介される。

コテコテの関西弁で語られる、馬鹿げているようで、
人生の教訓が織り込まれた酒臭いせんべろ巡礼旅日記。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

親愛なる僕へ殺意を込めて  原作 : 井 龍一 漫画 : 伊藤翔太

親愛

不思議なほど目覚めは爽やかっだった。
と思っていた矢先
「おはよぉ、エイジ君」という声に固まった。

ベッドの上、エイジの隣に美女がいたのだ。

彼女は雪村京花(ゆきむらきょうか)、
大学内でも目立つ美人。
でもなぜそういうことになったのか、
まるで記憶がない。

大学に行けば行ったで、
目を怪我した指折りの悪が頭を下げてくる。

そう、エイジには3日間の記憶がなかったのだ。
そして今度は4日間の記憶が……

実はエイジは犯罪史上、
類を見ない残忍な殺人鬼の息子だった。

いったいなにが起きているのか、
真実の境界線を見極め、もうひとりの自分を
突き止めるため、闇の世界へ引きずり込まれていく。

過酷な運命を背負った大学生が
次から次へ起こる惨劇に飲まれるサスペンスコミック。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

ホタルとロマン

蛍

闇に舞う幻想的な明かり。
北アルプスの伏流水が豊富な安曇野の夜、
水路周辺にホタルが乱舞する。

6月中旬から7月中旬が
ホタル鑑賞のピークとのこと。
ちなみにホタルが見られる気象条件は、
風が弱く蒸し暑い日で、月明かりが弱く、
日没後1~2時間くらいだという。

そういえば遠い昔、
まだ未就学児だったある日の夜、
家のなかにホタルが
舞い込んできたことがあった。
それを見て祖母がつぶやいた。
「ご先祖さまがホタルになって、
わたしたち子孫に会いに来てくれたんだよ」

あ〜、なんてロマンあふれる寓話だろうか。
そういえば、ホタルの光は
求愛のシグナルだとか。
今夜は安曇野の闇に包まれて、
ロマンを探しにいこうかなぁ……

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

雨宿りはパレード 小川 光一

雨やどり

ウガンダ共和国ラカイ県ルワマグワ地区。
自然豊かゆえ、マラリヤ・黄熱病・ジガーなどの病気に
苛まれ、電気も水道もなく、HIV感染率が高いため、
子どもだけが取り残される過酷な地。

親を失った孤児たちのために作られた、山岳地帯の
なかにあるホームスクール、通称サマニャ。

22歳でインドネシアを旅した際、家族をまもるために
強盗を強行する男たちに出会ったのをきっかけに、
国際協力活動をするようになった著者が、
日本から70時間かけてサマニャに向かい、
合言葉「心を広く」を胸に刻んだ7年間の体験を綴る。

「また来るね」と言って帰国する日本人の
ほとんどはまた来ない。
だから「ンコミエオ(ただいま)」と叫んで再来する青年
(著者)を見た子どもたちの顔は喜びで上気する。

豊かでありながら、精神的に満たされない日本人と比べ、
小さな幸せを汲み取る達人で、
情に厚く他者に優しいウガンダ人との交流が描かれた
国際支援エッセイ。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

シアワセな私?

ココット

女性にとって、単純だけど逃れられない悩みは
日々の献立ではないだろうか。
言わずもがな、わたしも当然そのひとりである。
だからなのか、料理番組に目がない。

自分の好きな食材を使ったレシピはもちろん、
ふだんあまり縁のない素材や分かりにくい調理方法が
紹介されていてもチャレンジしたくなる。
たぶん、根っからの食いしん坊だから。

そして今日挑戦したのは簡単スフレココット。
材料は卵・牛乳・チーズ・ベーコン・ほうれん草・
かぼちゃ・バターなど、
冷蔵庫に必ず常備されているような食材ばかりだ。

これならわざわざ買い物に行く必要もないし、
逼迫した家計にも優しいと、夕ご飯は即決。

野菜は食べやすい大きさに切って電子レンジで加熱して、
ベーコンとともに耐熱皿に並べ、溶きほぐした卵に
牛乳とチーズに溶かしバターを混ぜたものを回し入れて、
オーブンで焼くだけ。
超簡単なのにオーブンを開けて遭遇したのは、
信じらない光景だった。

想像を超えたビジュアル。
やっぱりアタシって天才?

そしてふと我にかえる……
誰からも同意してもらえない錯覚に浸れるアタシって、
かなりシアワセな人間なのかも……
でもこの味は本物の幸せ!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : だから何年も袖を通さない衣類がほとんどである。

ROAD 〜輝ける道〜 1 堀内夏子

ロード

駅伝、それは1本のたすきで、
祈りを涙を執念を繋いで走り継ぐ。

恒例の都道府県別対抗駅伝。
高校生以下の限定区、ごぼう抜きで
トップに迫る中学3年、埼玉代表の如月晃太郎。
ついにトップで第6中継所にたすきをつなぐ、
しかも笑顔まで見せながら。

しかしこの中学生がその後レースに出場することなく、
リハビリ中だった室堂武志もまた
姿を見せることはなかった。

2年後、補欠ばかりを集めた混成チーム・かもめに
招集された如月と室堂。

恥だ、札付きだ、邪魔だと罵られる寄せ集めの
チームが日本中の強豪を押しのけ、
テープを切ったら……

それぞれの境遇を背負って、寄せ集められた
5人はたすきに手をかけ円陣を組む。
そして実業団・学生の境なく争われる日本唯一の
横浜・富士オープン駅伝の号砲が鳴る。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

あらら、食べちゃった!

大エビ

「今日、ランチどう?」
お昼直前の11時ごろ、メールが来る。
その友人はいつも突然誘ってくる。

といっても、休日の予定は
ほぼ空白なので、わたしは即OKなのだ。

「いいね、なにが食べたい?」と訊くと
「なんでもいいよ」という返答もいつも通り。

なので90%の確率で食べるメニューも決まっている。
大海老フライだ。

「30分後に現地で」と約束して向かう。
あの大海老に早く再会したくて、
アクセルを踏む右脚にも力が入る。

お料理を待つあいだ、小さなすり鉢の胡麻をする。
そして運ばれてきた大海老フライに
特製タルタルソースを乗っけ頬張る。

サックサクの衣のなかから、
凝縮された海老の風味が広がる。
あ〜、アタシはこの瞬間のために生きてるんだぁ。
幸福感に包まれながら、
なにか忘れているような……

あっ、今ダイエット中だったじゃん!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

鶏むね肉100レシピ 市瀬悦子

むね肉

高タンパク低脂肪、
肌や粘膜の健康を維持するナイアシンや、
疲労回復効果がのぞめるイミダペプチドなどが
含まれる理想の食材である鶏むね肉。

ただ脂肪が少なく水分が多いため、
加熱するとパサついてしまいがち。

本書は豊富なレシピはもちろん、
パサつきを防ぐテクニックや切り方、
選び方や下ごしらえなどが親切に解説された
著者の“むね肉愛”レシピ本。

目次
永遠の鶏むね肉おかずトップ5
粉でしっとり!
マリネチキン
やっぱり揚げもの
レンジ蒸し鶏とかんたんゆで鶏
たたいてやわらかく!
サラダチキン

さぁ、今日はリーズブルなむね肉を買って帰ろう!

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

たまにはご褒美 ⁈

ご褒美

判で押したように職場と我が家との往復の日々。
つまらない。
刺激が欲しい。
漠然とした欲求が精神を苛立たせていた。

そんなわたしの心の声に気づいてくれたのか、
友人から温泉へのお誘いメールが届いた。
言わずもがな、オーケー以外の選択肢はない。

そこは昔ヘルスセンターと呼ばれた
コミュニティ施設だった。
が、何年かぶりに訪ねてみると、
昔の面影は払拭されて、高級感あふれる
温泉ホテルと化していた。

ラウンジのカフェにはグランドピアノがあり、
和装姿のスタッフの方が
案内してくれた部屋は落ち着いた雰囲気と、
松本の街を見下ろせる室内風呂付き。

そして極めつけはなんといっても
会席料理と地酒だろうか。
あ〜、ただただ幸せを満喫できる充実感。

くたびれた身体には湯量豊富に湧き出る温泉。
呑んべいのストレス発散には美酒と美食ですね!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

統合失調症日記  木村きこり

トーシツ

「ブス、キモい、みっともない」
聞こえないはずの声が聞こえたり、
見えないはずのものが見えたりしてしまう
27歳大学生の木村きこり。

あれは美大受験を控えた高3のこと。
視力は正常なのに、文字が滲んで見え、
絵になってしまう。
文章もまとまらず、机に魔法陣を描いたり、
踊りだしたりと奇妙な行動をとるようになった。

受験も失敗した3浪めのある日、
母を殺そうとして、ようやく精神科医の
門をくぐったのである。
そして統合失調症と診断された。
それは不安と安堵が同居する瞬間だった。

幻聴で暴走し、幻視と幻痛、
自意識過剰の被害妄想で悩まされる日々。
投薬治療を続け、ソーシャルワーカーの方や
保健室の先生に助けてもらい、勇気を出して
カミングアウトすることで、周りに理解してもらう。

音楽や綺麗な植物に触れることで
感情をコントロールしながら、
統合失調症を受け入れ付き合う様子が描かれた
エッセイコミック。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

美の最高峰が草むしり ⁈

ルピナス

友人からルピナスをいただいたのはもう4年ほど前。
メンドくさがり屋だからなんの手入れもしないのに、
毎年健気に鮮やかな花をつけてくれる。
しかも繁殖力が強く、年々彼らの領地は広がっていく。

この時期になると
草むしりが頭の痛い悩みであったが……

コンクリートをはった駐車スペースの周りは
ルピナスが占領している。
そう、ほかの草が生える余地がない。
つまり草むしりから解放されたのだ。

別名「逆さ富士」とも呼ばれる
ピンクと紫が映える美の最高峰は、
完成された美のみならず、
労力まで提供してくれる最高の友!

来年からはちゃんと肥料も献上いたします。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

心と身体に優しい甘酒生活  著/高山益実

甘酒

平均的な甘酒の糖度は25〜40度。
甘味としては砂糖の約半分なので、
同量使用することで自然な甘さを感じられる。

麹を使った発酵食品であり、
必須アミノ酸などの栄養素も豊富である甘酒は、
砂糖の代用として、またスィーツや飲み物として、
さまざまに活用することで、
自然の味と酵素や栄養をふんだんに摂取できる、
まさに「食べるセラピー」である。

えっ、甘酒ってお米ではなく
果物や野菜からでも作れるの?
など知らなかった世界が広がる情報が満載。

本書は甘酒の魅力にはじまり、作り方、
甘酒を使ったレシピ、ソースやドレッシングの
調味法までが網羅された甘酒指南書。

目次
第1章 わくわく感
第2章 甘酒の魅力
第3章 甘酒を作る
第4章 簡単レシピ(ご飯・漬物・万能ソース&ドレッシング)

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

あ〜、無謀!

枝豆

初夏になると、ご近所の方からきゅうりをいただく。
「でき過ぎちゃって困るから」という言葉とともに。

なんて羨ましい!

土のあるこの家に越してから、
毎年ホームセンターできゅうりの苗を
買って植えてきた。
でも、2日に1本収穫できるくらいで、
でき過ぎて困った経験など皆無だ。

来年はもうよそうと思いつつ、この季節になると
ホームセンターに向かってしまう。
そして今年はあろうことか、
信州コショウと枝豆まで植えたのだ。

“無知の知” ならぬ、“無知の無知” である。
あ〜、無情……もとい……あ〜、無謀!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

マスコット☆パニック   ちぼ ちとり

マスコット

小学5年生のゆうちゃんは
「かわいいマスコット作り」が課題の夏休みの宿題で
ハムスターの人形を作っていた。

とびきり可愛く仕上げようと努力したのに、
容姿はじゃがいも、出来は最悪だった。
自棄になってゴミ箱に捨ててしまったが……

なんとその子は「ハロー」と言葉を発し
動き出したのである。

じゃがいもそっくりなのでじゃがいも君。
ゆうちゃんの友だち・エリちゃんが飼っている
パールホワイトのハムスター・小雪ちゃんに
一目惚れしたじゃがいも君の恋は……

ひょうきんなママさんとゆうちゃんと失敗作だけど
ファンキーなじゃがいも君の、
マスコット・パニックシリーズで著者初の単行本。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。