新しい我が家の一員

冷蔵庫

6ドアの新しい冷蔵庫がやってきた。

今までの冷蔵庫は……
あれから17年経つだろうか、
価格はリーズブナル、純白で存在感のある
冷蔵庫に胸ときめかせていた。

何年かして製氷機が壊れ、数年前から
冷凍室の底に水が溜まるのか、
凍り付いてドアの開け閉めが困難になった。
しばらくはダマシだまし使っていたが、
さすがにそろそろ限界を感じ、買い換えを決断した。

そしてやってきたのがゴールドメタリックの
王様然としたこの勇姿。
観音開きの冷蔵室。
広々とした空間ときめ細やかなポケット収納。
外観も内観も申し分なし。
冷蔵庫とともに春も早く恋。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

ある日、アヒルバス 山本幸久

あひる

アヒルバスの人気コース
『ディープな東京でドキドキ!旦那様にはナイショでナイト』

登場したビキニパンツ一丁のユニット・板チョコ三兄弟に
オバサマたちは嬌声をあげる。

バスガイドのデコ(高松秀子)は浅草や皇居などの
東京名所から関東一円を案内し、『ナイショでナイト』では
照明係まで担当するという大奮闘の日々を送っているが……

敬愛する三原先輩との別れ、観光客として知り合って
後輩になったクゥちゃんとの出逢いのなか、
この仕事が転職なのか疑問を持つようになった。

そんなある日、デコに同僚の亜紀が
ある提案を持ちかけてきた。
「教本のままのガイドをしてもおもしろくない。自分で
企画し自分のガイドをしよう。まさに我が道を行くように、
アヒルバスを私たちで変えるの、革命を起こすのよ」と。

女子寮に下着ドロが侵入してもデコの下着だけ
盗まれなかったり、ツアー客にイジられ
からかわれながらも、心のなかで
ツッコミを入れる笑いどころ満載。

本の世界から、はとバスに揺らて東京を知ることができる
特典付きのバスガイド成長物語。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

築地はおもしろい!

飴

我が家のまわりにあるものといえば、
田畑に単線の線路と雄大に連なる北アルプス。
たまに電車で帰ると、
駅から自宅まで街頭が少ないため、
星灯りを頼りに家路につく。

自然だけが取り柄。
それはそれで自慢すべき故郷ではあるものの、
だからかなぁ、ときどき都会が恋しくなる。
そこでまた上京を決行。
目的地は、今いろいろ話題にのぼりつつ、
いまだ未踏の地・築地だ。

高速バスで新宿まで約3時間。
地下鉄丸ノ内線に乗り、
銀座で日比谷線に乗り換え築地に向かう。
お〜、築地だつきじ!と、はしゃぎながら、
友人に聞いたオススメのお鮨屋さんへ。

そのお店ではイチオシのセパレーツちらし寿司だという
刺し盛りのような量のお造りに驚き、商店街を歩けば
長さ1メートル以上ある吊るされた鮭の干物や、
水槽のなかで泡を吹く巨大なタラバガニに仰天し、
お鮨を模したお煎餅やキャンディに感激する。
海なし県の信州では味わえない新鮮な発見がいっぱい。
築地っておもしろい!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

強迫性障害です! みやざき明日香

強迫

7年前、強迫性障害と診断された。
ミートソース、ヨーグルト、いちごソースなどは、
病気の感染源である体液に見えて食べられない。
感染するのもさせるのも怖い。
血を見ると怖ろしくてフリーズしてしまう。

どんなに手を洗っても完璧に綺麗になったと思えない。
個人情報が漏れる恐怖で、
捨てるときはなんでも切り刻む。

それは中学1年のとき、胃がんの父が吐いた吐瀉物を
汚いと感じて、父に優しくできなかった。
その後悔から不安を取り除くため、
執拗に手を洗うようになったのだ。

確認強迫のために時間がかかり、アシスタントやバイトも
長く続かないなか、他社で没にされた原稿の大賞受賞と
同時に母の入院を聞かされる。

さまざまな不安に苛まれ、強迫性障害の恐怖が始まる。
そんな折り、若手漫画家の座談会をきっかけに
自分のビョーキを描いてみたいと強い意志を感じ、
信頼できる精神科医の先生とも巡り会うが……

強迫性障害という精神疾患を抱える漫画家で
著者の自叙伝。

実はわたしも同じ病気とともに生きている。
自宅以外のドアどころか、我が家のドアノブや
テレビのリモコンなどにも素手で触れない。
スーパーで買ってきた商品はすべて洗う。

とにかく生きにくい。
そのことを知っている友人からプレゼントされた1書。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

春分の日といえば……

ぼたもち

3月21日は春分の日。
春分の日といえば「昼と夜の長さが同じ」と
教わった記憶が……

でも実は今年、
昼と夜の長さが同じ日は3月17日らしい。
なぜかというと、日の出と日の入りの基準は、
太陽の上辺と水平線が一致した瞬間のため、
数日のずれが生じてしまうとか。

ちなみにフランスでは
太陽の中心が基準になっているため、
より春分の日に近くなるとのこと。

まっ、難しい話はさておき、
春分の日はぼた餅ですよね。
あんこと胡麻ときな粉、どれから攻めよう ⁈

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

可愛すぎる

犬

なにこの子?
新宿の交差点で、黒サングラスに黒と赤のマフラー、
黒いジャケットをセンスよく着こなし、
ちょこんとおすわりしているキュートなワンちゃん。

そばにたたずむご主人さまだろう青年を
じっと見つめている。
その姿に悩殺され、断られるかもしれない羞恥心も
顧みず、気がつけばその男性に訊いていた。
「写真を撮ってもいいですか?」

彼は訊かれることが当然のように「どうぞどうぞ」と
ボディランゲージとともに快諾してくれ、
キュートなワンちゃんは「お手」の芸まで披露してくれた。

左手に持つiPhoneからバシャバシャと音を
響かせながら右掌を差し出すと、
わたしの手の上に小さな拳を差し出してくれる。
可愛すぎる!

ルル(パピヨン犬・享年18歳)が永眠して半年ちょっと。
彼女以外の子とまた生活をともにする自信は
なかったからもう孤りを貫こうと決めていたのに、
心が揺らぐ。

それにしても彼らは交差点の片隅で
何をしていたんだろうか?

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

極める・愉しむ珈琲事典

コーヒー

豊かな香りと深い味わいで日常に溶け込んでいる珈琲は、
栽培、精製、焙煎、挽く、淹れ方、
アレンジなどでさまざまな顔を持つ。
さらに生育環境、品種、できなどでも変わってくる。

レギュラー、ストレート、シングルオリジン、
スペシャルティとは?

法則性があるわけではない銘柄、
最近耳にするサードウェーブ。
苦味、酸味、甘味、深み、コク、切れなど、
多種多様な要素で表現される、実に複雑な嗜好品。

カフェ、職場、お家など、
ただコーヒーの香りが漂うだけで心が和む。
コーヒーはお好きですか?

自宅で専門店の味を体感でき、
コーヒーの謎も解き明かしてくれるコーヒー読本。

目次
part1 コーヒー豆を極める
part2 淹れ方を極める
part3 アレンジを楽しむ
part4 ワンランク上のコーヒーの楽しみ方
part5 コーヒーと文化
45地域・61銘柄 産地&コーヒー豆カタログ

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

春が来た!

かぶ

あっ、ビーツ!
と思ったら、赤かぶだった。
それはいつものスーバーのひとコマ。

がっかりして通り過ぎようとしたとき、
その赤かぶを手にしていた女性が
ご主人らしき方に語りかけていた。
「赤かぶは酢漬けにすると美味しいのよねぇ」と。

「そうだった」と思い直し買い物カゴに入れた。
帰宅し、かぶは櫛形に切って甘酢漬けにして、
切り落とした茎は水に挿した。

翌日、その水耕栽培から
成長オーラのようなものを感じた。
翌々日、目にしたのは蕾。
そしてその次の日には菜の花が!

赤い茎から黄色い菜の花。
そして真紅に染まった甘酸っぱい赤かぶピクルス。

桜の開花前、
まだ降雪も侮れないこの季節に最高のお花見?

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

レンアイ♂♀生き残りゲーム1 蘭子



タエ(小野塚妙子)には、イケメンで
女にだらしないキヨ(芹沢清正)という親友がいた。

中身は小4男子、告られると勢いでOKし、
デート中はうわの空、8割バカでワガママだから、
今日もフラれてキヨの部屋になだれ込む。

キヨの作る料理で飲み明かし、
ひとつのベッドでざこ寝状態。

タエはキヨを親友だと思っているが……

ふたりが出逢ったのはタエが大学生のときだった。
別れ話の際、元彼をグーパンしているのを
キヨが偶然目撃し、そのトラウマ的な衝撃が
忘れられなくなった。

しかしムードをつくって迫ってもタエは反応なし。
美人なのに人見知りのバカ、
パッケージ詐欺だとげんなりしながらも、キヨは……

ふたりの関係はどこに行き着くのか、
新しい形のラブコメディ。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

牡蠣 と 日本酒 と 松本山雅

かき

地元のデパートで東北物産展を開催していた。
海なし県に住むわたしは海産物に目がない。
だからもちろん伺います。
牡蠣があることを願いつつ。

会場に着くと身動きが取れないほど盛況だった。
人混みのなか、押しやられるようにたどり着いた先に
目に飛び込んできたのはところ狭しと並べられた牡蠣。

「こ、こんなことって」と
運命の出逢いに嬉々として、
寒いお財布事情も忘れてしまう。

燻製にキムチ漬けなど数種類あるなか、
わたしが選んだのはオリーブオイル漬け。

とにかく急いで帰って
早く愛しい牡蠣と一体になりたかった。
その日はちょうどJ1松本山雅FCの試合が
テレビ中継されるはずである。

チケットは早々に完売して
会場には行かれないが、自宅の居間で牡蠣と
お酒で観戦すれば、雰囲気はアルウィンそのもの。

プリップリッの牡蠣と辛口の日本酒を
味わいながらの山雅観戦。
至福の時間をありがとうございます。
東北と松本に感謝 !

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

最後の晩餐 (イタリア人来日紀 その8)

晩餐

言葉の壁がもどかしく、でも楽しくて、
嵐のように1週間は過ぎ、今日は最後の晩餐。

日本を、信州を、知ってもらいたくて、
毎日あちこち連れ回してしまった。
口には出さないけれど、
きっと彼らも疲れたことだろう。
だから今日はゆっくりおウチご飯。

日本の家庭料理の定番である肉じゃがをはじめ、
海老チリ、マグロとアボカドのサラダ、
大学いもにいなり寿司でチンチン(カンパイ)。

あまり良い出来じゃなかった肉じゃがを
真っ先に平らげてくれたのが嬉しかった。
イタリア人は優しいのだ。

翌日、その優しいイタリア人たちは自国へと旅立った。
祭りのあとの静寂だけが残った。
しばらくはその静寂がお友達かな……

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

食事の前に運だめし (イタリア人来日紀 その7)

ポッキー

イタリアには焼肉屋さんがないという。
各家庭の庭などでバーベキューはしても、お店に入って
自分たちで焼くというスタイルの焼肉店で食べたことが
ないから、ぜひ行きたいとのリクエストに応え、
その日の夕食は決まった。

しかしまだ日が暮れたばかり。
イタリアの夕飯は9時10時が当たり前。
そこでゲームセンターで時間をつぶすことにした。

情熱的?なイタリア人は
コインを何枚も投入し熱くなっているもよう。
お菓子大好きのわたしが選んだのは
冬のくちどけポッキーパイプBOXキャッチャー。

まず100円……アームで掴んだものの、するりと横転。
200円め……パイプBOXが少し移動。
300円め……アームから抜けバランスを崩して
見事ホールへ。

早春に明るい兆し。
両手に景品を持ったイタリア人たちと
笑顔で焼肉店へ向かった。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

雨水 と 啓蟄

ひな祭り

季節を春夏秋冬に分けるため用いられた
中国の二十四節気。

雪から雨に変わる雨水(うすい・2月19日)
この日にお雛さまを飾ると
良縁に恵まれると言われている。

では片づける日はというと、
若葉が芽吹き虫が蠢きはじめる
啓蟄(けいちつ・3月6日)がよいらしい。

啓蟄は雨水の次の節目。
季節の節目を超えないことがよいとされるとのこと。

女の子の厄を引き受けてくれるお雛さま。
今年も感謝しつつ願う……どうか良縁を!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

最強のお茶け

お茶け

異性からは振り向きもされないのに、
インフルエンザウィルスにはモテモテなんです。

ご丁寧に1か月の間にA型B型両方のウィルスと
親密になったこともあります。

ある年には、A型に感染した際、
ホームドクターからいただいたタミフルで翌日には
快復したものの、タミフルが効かなくなった4日目に
40度の熱が再燃したことも。

今シーズン、インフルエンザが猛威を
振るっているという情報を耳にしたのは昨年11月。
あれから4か月経ったけど……

ストーカーのようにつきまとうインフル君に効くのかどうか、
藁にもすがる思いで試したお茶療法。

粉末のお茶を熱湯で溶かし、焼酎で割る。
毎日、焼酎のお茶割りを飲んでいた。
そして……

やっぱりお酒とお茶けの力は最強。
親友のようだったインフル君さえ、
その存在を感じることも皆無。
ごめんね、お友達関係は解消しようね、
もうひとりでも大丈夫。
さよなら、インフル君。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

桃の節句

お雛さま

♪あかりをつけましょぼんぼりに〜

節句とは季節を分ける節目のこと。
中国では奇数が重なる日を縁起が悪いと忌み嫌い、
災いや邪鬼を払うために
お祭りをするようになったらしい。

3月3日は上巳の節句、5月5日は端午の節句など、
折々にその季節の植物・桃や菖蒲が飾られる。
お雛様といえば桃の節句。
でも桃の花といえば3月下旬から4月上旬。

旧暦と新暦では1か月ほど時節の違いが出るが、
そのまま新暦でも桃の節句としたとか。
それと桃には百歳(ももとせ)という不老長寿の願いと、
邪鬼を祓う力があることから桃太郎とも
密接な繋がりがあるとのこと。

でも理由などどうでもいいのである。
桃の節句は女の子のお祭り。
今日は男子禁制、
甘酒の代わりにどぶろくでカンパ〜イ!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。