ソードアートオンラインプログレッシブ 原作:川原 礰 作画:比村奇石

ソード

模試は学区内トップの受験生・結城明日奈(ゆうきあすな)が、
ある日ゲームの世界に入り込んでしまった。

早く元の世界に戻りたいと願うあまり、
隠れログアウトスポットがあるという噂を聞き向かうが、
モンスターと遭遇。

そこで情報屋からSAO第一層攻略本をもらい、
自分が自分でいるため、最後まで全力で戦い抜くことを決意する。
プレイヤーネームはフェンサーのアスナ。

学年10位から落ちたくない、偏差値70をキープしたいという
モチベーションとゲームの世界は似ていると感じながらも、
なにかに追い立てられ、有名大学に進学して
一流企業に就職したあと不確実な現実。
それはゲームバカと同じだと思うが……

誰よりも疾く第1層を突破し100層を制覇して
トッププレイヤーになるべく奔走する、
川原礰著『ソードアートオンライン』のコミカライズ版。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

黒い家 貴志祐介

黒い家

「保険金いうのは、自殺したときでも出ますんか?」
この1本の電話が恐怖の始まりだった。

1996年4月8日(月)若槻慎二(わかつきしんじ)は、
死亡保険金の請求書類をチェックしていた。
本社の外国債券投資課から、昨年の春、
京都支社に異動となり、
死亡保険金の査定を行うことになったのだ。

ある日、保険契約者の菰田重徳(こもだしげのり)と
名乗る男から若槻宛てに呼び出しの電話が入った。
その名前に聞き覚えはなかったが、
取り急ぎ菰田家へ向かった若槻に
「早くこの場を立ち去れ」という心の警告音が鳴る。
しかし後ずさりした瞬間現れたのは菰田本人で、
促されるまま、若槻は敷居をまたいだ。

充満する不快な悪臭にハンカチで鼻を覆いたい気持ちを
抑えつつ、座敷に通された若槻は菰田に請われ、
彼の息子である和也の勉強部屋に続く襖を開けた。

若槻の目に飛び込んできたのは、両手足をだらんと垂らし、
白目を剥いて宙に浮いた小学生くらいの男の子だった。

茫然自失する若槻だったが、息子が自殺したというのに、
どこか違和感ある菰田の態度に不信感が募る。

死体検案書には死因が不詳となっていたために、
保険金支払いの決裁がおりず、菰田が日参するように
なったのと、毎夜悪夢にうなされることから、
若槻は内々に調査したいと申し出るが……

若槻を待っていたのは、眠っていて見る悪夢と
現実に起こる悪夢、鳴り止まぬ無言電話、
切り刻まれた猫の死骸、そして……

じりじりと忍び寄り、膨れあがる恐怖に戦慄する
長編サスペンス。
第4回日本ホラー小説大賞受賞作。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

コウノドリ 鈴ノ木ユウ

コウノドリ

年齢経歴不詳、
養護施設で育った謎のピアニスト・ベイビー。
彼は、ペルソナ総合病院の産科医・
鴻鳥(こうのとり)サクラ。

産科医に休みはない。
だからコンサートでは2時間以上熱演することもあれば、
演奏開始後10分でピアノの前から去ってしまうこともある。

そして彼は病院に向かう。
この世に生を受けようとしている胎児と
お母さんを救うために。

その日、救急搬送されてきたのは、妊婦検診を受けず、
週数も不明な未受診妊婦だった。
胎児の状態や母体の感染症などの重要な情報や
判断材料がないため、病院側のリスクは大きい。
そのため受け入れを拒む病院は多い。
しかしサクラは言う「赤ちゃんはなにも悪くない」
そして全力で出産に取り組む。

切迫流産で胎児の生命や合併症の危惧、
淋病に罹患していた夫との妊娠など、
さまざまな悩みを抱えた家族と向き合い、
ともに考え、新しい命を誕生させるべく
サクラは奮闘する。
この病院で生まれたすべての赤ちゃんに
「おめでとう」と言いたいと。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

生命保険のカラクリ 岩瀬大輔

生命保険

2006年5月、2年間のハーバード・ビジネス・スクールでの
留学生活を終え、新しい生命保険会社設立を決意する。

それは、現・ライフネット生命社長の
出口治明(でぐちはるあき)氏との出会いがきっかけだった。

保険料を半額にし、安心して赤ちゃんを産める社会の
構築ともに、業界へ革新を迫るという熱い想いを掲げ、
2006年10月、出口氏と準備会社ネットライフ企画、
2008年4月、株式会社として74年ぶりの
独立系生命保険会社を誕生させた、
ライフネット生命保険副社長が語る。

業界に足を踏み入れて抱いた違和感、
業界の常識とのギャップ。
世帯加入率9割、我が国の社会経済を支えてきた
異質で特殊な業界の仕組みが明かされる
生命保険入門書。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

ダンナは海上保安官   林まつり

ダンナ

無口でマイペース、巡視船の機関士であるもーさんと、
ぐーたらで小心者、ときどき漫画家のまつり。
性格も職業も関連性のないふたりが出逢い結婚した。

携帯の電波が届かないところで仕事したり、
何日も帰宅しなかったりと、まつりにとって
海上保安官との生活はすべてが驚きだった。

ズボンの裾を靴下に突っ込んで出勤する姿はまるで日本兵。
船に乗れば2週間帰ってこないが、
帰宅時には野人と化している。

乗船しているのは「なんにもせん長(船長)」に
「いうこときかん長(機関長)」
「何を言ってもつうじん長(通信長)」

海がシケのときはお風呂も大荒れ。
海のもしもは118番。
陸自と海保では敬礼の角度も違うなど、
事実は小説よりもマンガみたい、と、
著書である嫁のまつりが描いた、
常人とはちょっと異なる船乗り夫との新婚物語。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

神保町奇譚 池井戸 潤

神保町

神保町の裏通りにひっそり佇む寿司屋 “かと勘”。
東京第一銀行神保町支店の臨店初日を終えた相馬健と
花咲舞は、その店で白魚や鯛の昆布締めなどとともに
ビールやぬる燗を愉しんでいた。

そこへひとりの老婦人が来店し、店主と親しげに話しはじめた。
こじんまりとした店である。
聞く耳を立てなくても、自然と会話は伝わってくる。

彼女の話によると……突然娘を病気で亡くしたが、
あっという間に5年が過ぎた。
先日部屋のクローゼットを整理していると、
見慣れぬ産業中央銀行の通帳が出てきたので、
解約のため銀行の窓口を訪ねたところ、
その口座で娘が亡くなったあとも動きがあるという。
しかも金額は数千万円という大金が入金されたのち、
全額引き出されていたと。

逆縁の不幸に見舞われた老婦人にも、銀行の話にも
興味を覚えた舞と相馬は、老婦人に頼まれ
不可解な口座の動きの調査に乗り出す。
お馴染み『花咲舞が黙っていない』シリーズ最新作。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

石影妖漫画譚(せきえいあやかしまんがたん) 壱 河合孝典

石影

妖怪、それは人智を超えた存在。
身の毛もよだつ姿を『妖怪図画』にあらわした絵師たちは、
それらを想像で描いたのだろうか……

其一之画 濡れ女
毎晩四ツごろになると、隣町の大川の水面に女が立ち、
町人の足を掴んで川へ引きずりこむという
不可解な事件が続いた。

対処に困った南町奉行所同心・千葉一心太
(ちばいっしんた)は、妖怪の姿を見て描くという
妖怪絵師・烏山石影(からすやませきえい)を訪ね、
妖怪退治を依頼する。

大川に向かったふたりの前に現れたのは
上半身は女性、下半身は大蛇の濡れ女。
妖怪・毛羽毛現(けうけげん)の体毛で作られた
妖筆・毛羽毛現の筆。
その筆で描かれた絵は一時的に具現化し
現世に姿を現して、妖怪を成敗する。
しかし石影は濡れ女を退治しなかった。
濡れ女が妖怪になったのには哀しい理由があったのだ。

元は人気を博した浮世絵師だったが、
なぜか5年前にいっさい仕事を受けなくなった石影。
のちに『石影妖漫画集』を出して、
あまたの妖怪を世に知らしめた妖怪ファンタジー。

ほか七画収録

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

森に囲まれた隠れ家

隠れ家


最近、お気に入りの場所。
それは最寄り駅の近くで見つけた、
隠れ家的カフェ&レストラン。

半年ほど前、たまたま駅に続く道を走っていると、
なにやら気になる看板が目に入った。
メインストリートから少し奥まったところに
そのお店はあったため、今まで気づかなかったのだ。

通り過ぎた道をバックで戻り確認すると、
静かなひとときをゆったり過ごせそうな
落ち着いた雰囲気のレストランだった。
さすがにひとりでは入りにくく、
後日友人を誘ってランチに出かけた。

カウンターとボックス席がゆったり並ぶ店内から
ひときわ目をひいたのは、
明るい陽射しをふんだんに取り込める大きな窓。

そしておめあては……
グランドメニューには海老フライ定食やカツ定食に
パスタやうどんなどの定番料理と、
日替わりは毎日3種類。

その日は生姜焼き定食と
味噌漬け赤魚の焼き魚定食にナポリタンだった。
どれも美味しそう……と迷ったあげく、
選んだのは生姜焼き。

しっかりした厚さの柔らかい豚肉にショウガの風味が
爽やかなメインディッシュにご飯とお味噌汁、
地元野菜を使った優しい味付けの小鉢とお新香で600円と
リーズナブルな価格もさることながら、味にも大満足。

我が家の周りには田んぼと畑しかないような田舎町に、
こんな安らげるレストランがあったことに
今まで気づかなかったことが悔やまれるが……
明るい庭を眺めながら思う、
仕事がオフの日のランチどきには足繁く通いそうだなぁ……

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

はじめてのサイエンス(NHK出版新書) 池上 彰

はじめてのサイエンス

科学(サイエンス)だ物理だと聞くと
蕁麻疹を発症しそうなほど敬遠してしまう教科だった。
高校時代は赤点を取ったことすらあるし、
元素記号と言われても、それはわたしにとって
アルファベットの羅列でしかない。

では今になってなぜ本書を読む気になったかといえば、
著者が池上彰氏だからである。
テレビ番組も著書も池上氏の解説は、おバカなわたしでも
「うんうん」うなづけるように分かりやすくおもしろい。

森羅万象に疑問を持ち、常に問題と向き合うことが、
科学に重要なことであり、科学の発展は科学者が
問題を解いたときの満足感が原動力であり、
それが科学的思考に慣れ親しむことでもある。
そしてその科学的思考がわたしたちにとっても
武器になり、サイエンスの知識に近づけるのだという。

天気予報、ウィルス感染、地震対策など、
身近な生活は科学的思考法から発展し、
その歴史やそこで生まれた
人間ドラマなどとともに語られる。
『おとなの教養』の続編として企画された
サイエンス入門講座。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

自分にご褒美 ⁈

ご褒美


最近、よく使われるフレーズ “自分へご褒美を”

かくいうわたしもときどき使ってみたくなる。
そして実行に移すのだ。

多忙な方に比べたら、大して忙しくないのに、
毎日仕事に励んでいるからと、無理矢理自分を
ねぎらって、市内ではいちばん高級だとされる
ホテルにある料亭に入った。

5階のワンフロアすべてを所持しているその料亭の
玄関は広々とし、長い廊下の窓からは、
枯山水のような庭園が続いていた。
通された部屋は床の間のある落ち着いた和室に、
4人がけのテーブルが数セット設えた贅沢な空間。

友人とふたりお品書きを眺めながら決めたのは、
城町弁当と名づけられたミニ懐石。
小さなタンス型になった引き出しを開けると、
お造りに天ぷら、酢の物や角煮に焼き物まで、
地元食材を使った逸品が品良く収められている。

美味しいものには、美味しいお酒。
自然の摂理である。
当然、信州が誇る名高い酒蔵の冷酒も注文。

新鮮な鯛と信州サーモンのお造り、旨味が凝縮された
揚げたての海老天、お箸でつついただけで崩れそうな
柔らかく煮込んだ角煮とくれば、
お猪口が空になるスピードも増す。

秋が深まった昼下がり、 “自分へのご褒美” 最高!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

ノー・ガンズ・ライフ カラスマタスク

ノーガンズ

大戦によって、
超巨大企業へと成長したベリューレン社が落とす影と、
そのベリューレン社が開発した拡張者の存在が、
この街を変えた。

頭部が銃になっている乾十三は、
身体が凶器である拡張者と非拡張者の
いざこざの処理を生業にしている。

その仕事は家出したガキを保護したり、
マフィアの抗争の仲介とさまざま。
当然、十三本人にも災いが降りかかる。

ある日、突然現れた全身拡張体の大男から、
ベリューレン社の被験体である鉄朗という少年の保護を
依頼されたが、ベリューレン社の追っ手に彼を奪われ、
その大男に助けられた十三が聞かされたのは、
孤児院を装って孤児たちを
実験材料として提供するという衝撃的事実だった。

子どもたちを助けたいという鉄朗の意志に沿うべく、
過剰拡張者ガンスレイブユニットの熾烈な闘いが
火をふくSFハードボイルド第1巻。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

信州ブレイブウォリアーズにガンズ君 ⁈

ウォリアーズ


友人からメールが届いた。
「バスケの招待券が手に入ったから、いっしょにどう?」

今年は仕事のシフトとJ2山雅のホームでの試合との
兼ね合いがよく、サッカー観戦は何回か行くことができた。

いまだにサッカーのルールなどはよく分からないが、
地元チームの応援ができるのは嬉しかった。
でも実はスピード感あるバスケも観たかったのだ。
だから友人からの嬉しいお誘いには即OKの返信。

天気予報に反して、当日は降ったり止んだりの
肌寒い1日だった。
ふたりで遅めのランチを摂り、
試合開始の1時間前に席に着く。

暖房のきいた体育館は暖かく、スポットライトを浴びた
歌手の透き通る美声、チアリーダー・ジャスティスの
華やかでリズミカルなダンスと、
初体験のわたしにそこはまるでコンサート会場かと
錯覚してしまうほど気分を高揚させてくれた。

しばらくすると選手とマスキャラのブレアー君が
登場したのを見て、ここに山雅のガンズ君がいたら
おもしろいだろうなぁ、などと漠然と考えていた。

すると……
えっ ⁈ 想像が生んだ幻視?
そこにはガンズ君が!

なぜ?という疑問の答えは出ないままだったが、
ブレアー君とともに信州ブレイブウォリアーズを
応援しているガンズ君に出逢えたのは、予期せぬ副産物。
得した気分だ。

きっと試合終了後、翌日のカマタマーレ讃岐戦に
間に合うよう、急いで香川に向かったに違いない。
ガンズ君、お疲れさま!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

ラクしておいしい! かんたん冷凍作りおき   倉橋利江

楽して

仕事を終え、スーパーで買い物をして急いで帰り、
野菜や肉類の下ごしらえをして火にかける。
残業などで帰りが遅くなったりすると、
すぐに食べられるお惣菜を買ってしまうこともある。
仕事に家事に、現代人は忙しい。

そんなせわしない毎日を送っていると、
料理本のディッシュがそのままテーブルに現れてくれたら
どんなにいいか、と、夢のような非現実にとらわれる。

さすがにそれは無理でも、下ごしらえをした食材を
解凍して炒めたり煮たりするだけで、
食卓が満たされるなら、
夕ご飯を作るストレスも薄れるだろう。
しかも冷凍することで細胞膜が破壊されるので
味が浸み込み、水分も抜けて旨みが増すと、
良いことづくめ。

本書はまさに多忙な現代人のお助けマン。
休日や時間に余裕のあるときに作って冷凍しておけば、
帰宅してほんのわずかな調理時間でテーブルには
彩り豊かな晩餐が用意されるのだ。

目次
袋づめ冷凍おかずのきほん
冷凍作りおきおかずのポイント
袋づめ冷凍おかず
……鶏肉 豚肉 牛肉 魚介

冷凍作りおきおかず
……鶏肉 豚肉 牛肉 ひき肉 魚介 野菜
乾物・卵・大豆製品
冷凍野菜ミックス6種でかんたんスープ!

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

ソーシャル スペース で 祝杯を!

サロン


それはJ2の松本山雅観戦のあと、祝杯を兼ねて
駅前のイタリアンレストランで食事していたときだった。
連れの友人が
「2,800円でワイン6種類をセレクトできるフレンチレストランを
見つけたんだけど、よかったらこれから行ってみない?」と言う。

すでにこのイタリアンでしっかり食べしっかり呑んでいたが、
彼女の提案に対し即答。
「うん、行く行く、行きたい」

そこは駅から少しはずれた閑静なマンションの1階にあった。
高級感あふれる佇まいに、リュックとジーパン姿は
あまりにも不釣り合いだと思いながらも、
お店の方は笑顔で迎えてくれる。

こちらの希望を加味しつつ
ソムリエのオーナーが選んでくれるワインの味と、
お通しだというワンプレートのディッシュは、
「リーズナブルな本格的フレンチをゆったり優雅に」
というコンセプトそのものだった。

調度品も食器も空間さえ高級感ある贅沢なひととき。
どうか次回の山雅観戦のあとも、
英語でソーシャル スペースという意味の、このエスパース
ソシアル ル サロンで祝杯があげられますよう!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

JUDGE ジャッジ ① 細野 不二彦

ジャッジ

「なにもしゃべらないし、証拠も残さないから安心して」
という伝言を残し、経理の山本敬子が倉庫で首を吊った。

常務の懐刀で、将来は幹部候補生と噂の高い村上隆一。
彼は敬子と組んで会社の金を横領していたが、
彼女が何も言わずに自殺したことにほくそ笑みながら、
アメリカ留学に旅立とうとしていた。
そのとき闇の司法官が現れ、
「正規の法律で網羅しきれない悪を裁きに来た」と言って、
隆一の舌に釘を打ち込んだのである。

実はトロくてジャマくさく、常に課長にイビられていることにも
こたえない極楽とんぼの逢魔法一郎が闇の司法官だった。

肩にオウムを乗せ、闇の六法全書を片手に、
裏世界の裁きをくだす。

何百年も昔からこの世の法律では裁けぬ悪を
成敗してきた一族の末裔である法一郎。
検察官と裁判官を兼ね、刑の決定権を有する
闇の司法官が正義を貫き暗躍する。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。