Diary

日記


あれは……そう、20歳の誕生日。
毎日日記をつけているという友人の姿に感化され
思い立った。
わたしも日々の気持ちを綴ろう、と。

感情豊かだったあの頃、
1日の想いを1ページにおさめられるか?
そんな気持ちから、日付のない自由日記帳を買った。
ときにはその日の感情の流れが3~4ページに及ぶこともあったが、
いつしかそれが3年日記帳にかわり、
今では5年日記帳となって、
Diary というより生活記録として、1日が数行で終わる。
それでも5年日記のおもしろいところは、
昨年あるいは数年前の同じ日、
なにがあったか懐古できるところだろう。

たまたま最近読んだ本のなかで、日記が大活躍している
物語があった。
女性版画家が引っ越してきた家で、
急逝した元住人が創ったと思われる人形が
毎夜「お話の続きは?」と問いかけてくる。
その人形の願いを叶えようと、
元住人が遺した日記を辿るというファンタジーミステリー。

その小説に没頭しながら頭の片隅で、
もしわたしにもしもしのことがあれば、
5年日記もいつか役に立つことが
あるかもという想いがよぎる。

しかし、である。
待てよ!
だとしたら恥ずかしいことは書けないではないか!

ん?
恥ずかしいことを綴れるような色気ある毎日か ?!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。