九十九眠るしずめ1 高田裕三

九十九眠るしずめ1

明治16年(1883) 皇都 東亰(とうけい)府神田界隈では、
文明開化がもたらした負の遺産・コレラが流行るとともに、
祈祷師ばかり襲われる物の怪の仕業と思われるような
凄惨な事件が続いていた。

16歳の倉橋しずめはひと月前に家出した父の
捜索願いを出そうと東亰警視本署を訪れ、
そこで密偵・乾虎源太(いぬいこげんた)と出逢った。

父は陰陽師・護法院倉橋宗家倉橋彦文、
母は神を憑依させる能力を持つ修験者だったが、
母の「お前の眠りを覚ましてくださるお方を待ちなさい」
という言葉に、それがトラゲン(乾虎源太)なのではと、
しずめは密かに彼を慕う。

命を食ませ九十九神を憑依させて恨みをはらそうとする
物の怪を、しずめは意識のないまま退治する。
実はしずめは九十九(つくも)神を操る
護法実(ごほうざね)だったのだ。

百から一を取れば白。つまり九十九とは、
白髪が生えるほど古き者という意であり、
九十九は憑き物に通じるゆえ、古きものに憑く神、
あるいは古き憑き神のことだという。

いっぽう、奉白(ほうはく)率いる
東方支天衆護神民術師妖遣い(あやかしつかい)は、
強き九十九神を作る目的を果たすため、
その神をしずめに育てさせようとたくらむ。

胸の刻印から土蜘蛛が現れ、
正義の覇者となるしずめとトラゲンが
この世のものとは思えない
恐ろしい悪に立ち向かう痛快アクションファンタジー。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。