1月の投稿書籍

新家族計画 vol1
切り裂きジャックを
追いかけて
乙女戦争新釈  走れメロスくちびるためいき
さくらいろ
深夜特急 1剣客商売 1ビットコイン七色いんこ勉強の幹を育てる
愛がなくても
喰ってゆけます
王妃の帰還盤上の詰みと罰
サムネイルをクリックすると元記事にジャンプします

盤上の詰みと罰      松本 渚

盤上の詰みと罰

17歳で倒れて以来、
1か月経つと記憶が17歳まで戻ってしまう霧島都は、
大好きな将棋のためだけに生きようと、
全国をまたに将棋ひとり旅に出た。
実は彼女は5年前、高校生で
女流タイトルをすべて獲得した天才棋士だった。

最後の対局で出た新手に対応できず
喫した大敗にショックを受け、
記憶障害を発症して引退したが、
旅の真の目的はその相手を探すためだったのである。

それが誰だったのか思い出せないが、
深海よりずっと深い場所に引きずり込まれるような
凄さがあったことだけは強く記憶に残っていた。

そしてある男に出会った。
都と将棋を指しているとその男は
「5年前はもっとええ将棋を指したやないか」と言う。
果たして彼は都が探していたあの相手なのか……

空気中の分子より数の多い指し手があるという
壮大でありつつ、引き分けが存在しない0か1の世界。
神だけが見えるその世界のすべてを見てみたいと
都は言う。
本気であればあるほど忘れられない恋に
よく似ている将棋の世界。

安心できる強さに爽快感を覚え、悪意のない素直な心と
将棋に対する溢れる想いが伝わる本書。

将棋の知識は皆無で、
指し手やルールの説明はちんぷんかんぷんなのに、
次巻が待ち遠しく思える青春将棋コミック第1巻。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

王妃の帰還     柚木麻子

王妃の帰還

聖鏡女学園2年B組の前原範子は、王妃に必要な
気品とプライドを兼ね備えている滝沢美姫を密かに
「王妃」と呼んでいる。

その日、公開裁判が行われていた。
クラスのトップに君臨し、ずば抜けた美貌の持ち主の王妃が、
担任である星崎卓巳の詰問に耐えられず、
安藤晶子を陥れて村八分にしたことを告白し
泣き出してしまったのである。

原因は安藤晶子が、学園の人気者である星崎先生と
デートしたと、でまかせを言ったことだったが、
それから王妃は彼女をクラスの面前で嘲笑し、
言葉でなぶり倒していたのだ。

クラスには5つグループがあり、
範子はチヨジ(遠藤千代子)、スーさん(鈴木玲子)、
リンダさん(リンダ・ハルストレム)の
4人グループに所属していた。

王妃が失脚した翌日、
案の定滝沢美姫と安藤晶子の立場は逆転した。
王妃に対し、クラスメイトは聞えよがしに非難の声を飛ばし、
グループごとに机を囲む給食では、ひとりうつむきながら
パンを咀嚼している王妃の姿は見るに忍びない。

人気者ではあるが内情を理解していない星崎先生が
王妃に姫グループでいっしょに食べるよう声をかけたため、
教室に緊張が走った。
真っ青になっている王妃。
範子はそんな王妃を見ていられないと思う。

そのときいっしょに食べようと声をかけたのはスーさんだった。
脚が震えながら、勇気を振り絞って行動を起こした彼女を見て、
自分を恥ずかしいと感じた範子も追従し、チヨジ、
リンダさんもそれに倣った。

正義感と憐憫の思いから、思わずとってしまった行動だったが、
それは複雑な立場や心理をふくんだ女子中学生の
闘いの口火となった。

腐っても鯛。失脚しても王妃は王妃。
4人が考えたのは、お姫さまをお城に帰還させる計画だったが……

ファッション誌の編集長で若くて美人の母と
ふたり暮らしで料理好きの範子。
大学教授と教育評論家の両親、
お手伝いさんがいる裕福な家庭に育ち、
いざというときには偉大な人間性を覗かせるスーさん。
新聞社に勤める父とふたり暮らしで面倒見のいいチヨジ。
建築家でスウェーデン人の父を持つリンダさん。
スポーツ用品メーカー3代目の父と元モデルの母、
女王の品格を持ちながら、まったく空気を読めず、
怠け者で性格も頭も悪い王妃。

自分たちを支配するシステム、
学校という狭い社会にはびこるヒエラルキー。
人気者グループ、優等生グループ、地味グループと、
グループ分けされたクラスの
アンシャンレジーム(身分制度)。

中途半端な年齢なのに愛する人を想う強さがある反面、
水面下で広がる悪意やハブにされる恐怖と闘いながら、
いい人と悪魔が交錯する不安定ななかで、
少しずつ強くなろうとする、
女子中学生の心の成長がリアルに描かれた物語。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

愛がなくても喰ってゆけます。         よしなが ふみ

愛がなくても喰ってゆけます

侮辱されても気づかない鈍感な YながFみは、
男同士の恋愛ものを描く漫画家だったが、
新しくレストラン紹介の仕事もすることになった。

そこで、ただのアシスタントなのに、
まるで Yながのマネージャーのように態度のでかい
同居人の S原を連れて、中野にある行きつけの
イタリアンレストラン・イル プリモに出向いた。

まず魚介のサラダバジリコ風味を注文し、
パンに魚介の旨味がしみ込んだソースをつけて食べながら、
S原にあることを指摘されたことで顔面蒼白。
写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのである。
見れば陵辱の限りを尽くしたような残骸のディッシュ。

そのあとカニのトマトクリームリゾットとイカスミのスパゲティに
鯛の香草焼きエビソースを頼んだが、
どれも平らげてから気づくのだ、写真を撮らなかったことを。

実は学生時代、Yながは S原の2年先輩で、
「30歳になってもお互いパートナーがいなかったら
結婚しよう」と約束していたが、
そのタイムリミットが35歳に延期となったふたりは、
さらに40歳にして欲しいと願っている。

結婚したいと思っていないが結婚の約束をしているふたりは
漫画家とアシスタントという関係を保ちつつ、
グルメ探求にいとまがない。

うまい料理を共感できたときが至福の瞬間だと
感じる主人公が、個性豊かな友人たちを伴い、
さまざまなレストランを巡りうんちくを語る。

どんなに忙しくても料理に手を抜かない漫画家の日常とともに、
東京で人気のデリシャスフード店15件が紹介された、
MAP付きが嬉しいグルメガイドコミック。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

勉強の幹を育てるひいじいちゃんの浅木塾ノート 冨島 美詠子

勉強の幹を育てるひいじいちゃんの浅木塾ノート

昭和20年代後半から平成までのおよそ40年間、
岡山県倉敷市玉島に存在した「浅木塾」。
その塾で、人生の半分を子どもたちに勉強を教えることに
費やした人物、それが浅木廣治(あさぎひろじ)であり、
著者の祖父だった。

資料小屋の本棚には
「これだけ覚えたら、かならず勉強が好きになる」と
書かれた「勉強の幹」となる
プリントが残されている。

製薬会社や染色研究所で技術者をしていた “じぃ” (浅木廣治)は、
自分は理科家で発明家なので、
創意工夫や発明・発見は自然な日常だと言い、
勉強に興味を抱かせ、基礎を暗記する重要性を説いて、
多くの子どもたちを国立大学に導いたという。

身だしなみは無頓着、髪はボサボサの “じぃ” が、
勉強する理由や方法などを訥々と説き、
塾生たちのやる気を起こさせる。
プリント作成と居眠りを繰り返す “じぃ” 。
家で基礎プリント暗記と授業で課題に奮闘する塾生たち。

「じぃ」が他界して浅木塾は閉鎖し、
資料小屋に眠っていたプリントにふたたび光があてられた本書は、
第一章に浅木塾の物語、
第二章からは五教科に焦点をあて紹介される。

目次
はじめに
1.『浅木塾 明治生まれの 名物先生!』
2.『周期表 学びのコツを つかみしか』
3.『脳内に 暗記の道筋 けもの道』
4.『問題の 長文読むのが Exciting!』
5.『学校の 予習に便利な 算数50』
6.『歴史好き あいつスゲー と人気者』
おわりに

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

七色いんこ

七色いんこ

第1話 ハムレット
帝都劇場で開催される公演の初日が2日後に迫っていた。
舞台稽古も済んだというのに、
主役の大手上(おてあげ)浩がアメリカで
麻薬取締法違反の嫌疑をかけられ、
FBI に捕まって帰国できないという。

途方に暮れた演出の土方は、七色いんこという芸名で
代役専門の素人役者がいることを知り、
藁にもすがる思いで出演を依頼してみた。

現れたのは冴えない田舎じいさんだったが、
あっという間にハムレットの姿に変身し、
土方が望む新しい解釈の演出での演技を
完璧にこなしたのである。

たぐいまれな才能を持っているのに、
なぜ代役など請け負うのか不思議に思った土方が
出演条件を訊いてみた。
すると七色いんこは、出演料はいらないから、
出演中に劇場でなにが起きても
見ないフリをして欲しいという。

一方、刑事の千里万里子は七色いんこの
捜査にあたるよう命じられ、帝都劇場に向かう。

誰もその正体を知らない七色いんこの目的とは……

第2話 どん底
第3話 人形の家
第4話 修善寺物語
第5話 ガラスの動物園
第6話 検察官

シェイクスピアの名作『ハムレット』など、
演劇を題材にした手塚治虫の
七色いんこシリーズ連作コミック第1巻。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

ビットコイン あたらしいネットビジネスの教科書    合尾英介

ビットコイン あたらしいネットビジネスの教科書

インターネットを活用し、
今までにない価値流通の仕組みを提供するビットコイン。
しかしそれは日本国内ではあまり注目されていないため、
ネットマニアや外国人が扱う怪しい仮想通貨という
誤った認識を持つ人が多いのが現状である。

本書はビットコインを使ったニュービジネスのアイデアを
生み出せるよう、ビットコインを取り巻くビジネスモデルと
基本的概念が分かりやすく解説されている。

目次
まえがき
第1章 ビットコインビジネスの夜明け
第2章 ビットコインの概念
第3章 ビットコインを取り巻くビジネス
第4章 ビット資産のこれから
あとがき

2009年2月、ナカモトサトシという人物から、
ビットコインバージョン0.1のプログラムが公開され、
世界中に自然発生的に広がったのをきっかけに、
インターネットで今までになかった
新しい価値を提供するビットコイン。
今後、さらにビットコインの市場が増えて
価値が高まるのか、あるいは失望の評価とともに
暴落するのか……

本書はビットコインの上位概念からシステムの設計構想、
それらを応用したサービスまでが親切に解説された
新時代のネットビジネスガイドブック。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

剣客商売 1   大島やすいち 原作 池波正太郎

剣客商売 1

老中田沼主殿頭(とのものかみ)意次(おきつぐ)の
剣術試合で、7人抜きをした若い剣士がいた。
その若者は無外流・秋山小兵衞(こへえ)の
ひとり息子である秋山大治郎、24歳。

ひとり立ちするようにと、
大治郎は父に浅草真崎稲荷明神社近くに
剣術道場を建ててもらったが、
半年間ひとりの入門者もいなかった。

そんな折り、鼻の頭にほくろが目立つ
大垣四郎兵衞と名乗る男が、
50両である人物の両腕を叩き折ってほしいと
胡散臭い依頼を持ってやってきたのである。
大治郎は執拗にねばる大垣を追い返したが、
その依頼が気がかりだったので、父の住居へ出向いた。

59歳の大治郎の父・小兵衞は2年前、
下女のおはるに手をつけ、
剣術より女の方が好きになったと、道場を閉めて
19歳のおはるとわら屋根の小さな家に移り住み、
歳の差夫婦の新婚生活を満喫していた。

大治郎から事情を聞いた小兵衞は、
道場を構えていたときの門弟で、御用聞きの弥七に
大垣について調べてもらったところ、
標的にされているのは老中田沼主殿頭意次の隠し子・
佐々木三冬(みふゆ)だということが判明。

大治郎は闇討ちの依頼を断ったが、
代わりに別の者がそれを受けたらという懸念に、
小兵衞の正義感と剣客の血が騒ぐ。

《好むと好まざるにかかわらず、勝ち残り、
生き残るたびに、人の恨みを背負わねばならぬ》
それが剣客の宿命。
池波正太郎の人気時代小説『剣客商売』のコミカライズ版第1巻。

第一話 女武芸者
第ニ話 剣の誓約
第三話 芸者変転
第四話 井関道場・四天王

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

深夜特急 1  沢木 耕太郎

深夜特急 1

ふと、地球の大きさを知覚するために、
陸路をつたいユーラシアを旅してみたいと思った。
仕事を放りだして日本を発ち、香港、マカオ、
東南アジア、インド、ネパールとうろついて、
デリーの安宿でドミナリー(大部屋)に滞在しているうちに
半年が過ぎてしまったが、
隣のベッドに寝ているフランス人・ピエールの虚ろな表情を見て、
もうぐずぐずしてはいられないと思ったのだ。

実は旅立つ前に友人らと、
デリーからロンドンまで乗り合いバスの旅が可能か賭けをし、
「3〜4か月後にはロンドンから電報を打つ」と
うそぶいていたのだが……

東京から香港までのインド航空機は信じられないような
オンボロ機と貧弱な機内食、
香港ではゴールデンパレス(黄金宮殿)という名の
奇妙な宿屋に放り込まれ、
それはまるっきり検討もしなかった不充分な持ち物で、
綿密とは程遠い無計画な旅だった。

夜の九龍に響く胡弓の音色。
延々と続く壮大な屋台。
毎日がお祭りのように、光と影を映す香港。

マカオでの洒落たホテル。
カジノでは博打にハマり、ロンドンはおろか、
デリーにもたどり着けず、
さらに異国で無一文になるかもしれない破局に
向かっているのに、不思議とその快感を楽しんでいた。

貧困は必ずしも忌むべきものではないことを知り、
危険に身を投じて自分自身を確認していく。
狂熱を自在に跳び乗れる自由を得て、26歳の〈私〉はどこへ、
どこまで進むことができるのか、
徹底した酔狂に身を委ねたユーラシア放浪物語シリーズ第1巻。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

くちびるためいきさくらいろ   森永みるく

くちびるためいきさくらいろ

第1話 ともだちじゃなくても。
美人でスラッと背も高く成績も優秀な中3の藤森瞳は、
幼なじみの小林奈々にべったりだった。
ふたりはいっしょの高校に行こうと約束し、
桜海(おうみ)女子高を受験したが、
瞳は奈々には黙って東峰(とうほう)高校を受け、
結局別々の高校に通うことになったのである。

ずっと親友でいられると信じていたのに、
どうして瞳は黙って別の高校を受験したのか、
すんなり馴染めない桜女の高校生活で
奈々は思い悩んでいた。

でも、本当は分かっていたのだ。
あのとき、瞳にキスされたとき、
瞳の気持ちに気づいていながら、
気づかないふりして、瞳を傷つけてしまったことを。
だから……

高校生活が始まって2か月。
ずっと忘れられず、なにかにつけ瞳との想い出が
よみがえっていた雨の日、偶然瞳に出逢った。
そしてふたりは……

毎日逢っているのにもっともっと逢いたくて、
ずっとずっと隣りにいたくて……
愛するということ、真の愛とは……
純粋で可憐な女の子どうしの切ない恋物語、
新装・再編集版シリーズ第1巻。

第2話 天国に一番近い夏。
第3話 キスと恋と王子様
第4話 いつかのこのこい。
第5話 くすりゆびにキスしたら
第6話 チョコレート キスキス
第7話 月に願いを

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

新釈 走れメロス    森見 登美彦

新釈 走れメロス

阿保学生の芽野史郎(めのしろう)は
汚い下宿で惰眠を貪り、落第を続けている。
ある日、芽野が一大決心して大学に行くと、
期待に反して構内は学園祭の熱気にあふれていた。
せっかく高まった向学心を打ち砕かれた芽野は、
ふくれっ面のまま所属している詭弁論部の部室へ向かったが、
扉は閉ざされ、詭弁論部員数人が路上に置かれた炬燵に
あたりながら、寒さに震えていたのである。

理由を聞いてみると「自転車にこやか整理軍」と名乗る
屈強な男たちに部室を乗っ取られたとのこと。
見ると、看板は「生湯葉研究会」に代わっていた。

彼らは貸し出した図書を回収するために設置された学生組織・
図書館警察で、その長官は全学生の個人情報を入手し、
歯向かう者の秘密を掲示板に貼り出して制裁を加えるという。

怒りに震えた芽野は逃散していく部員たちを尻目に、
「生湯葉研究会」の看板を引き剥がそうとするも、
やってきた大きな男たちに抱えられて、
校舎の一室に連れられてしまう。

やがて小太りで肌のつやつやした男が入ってきて、
自分が図書館警察長官だと名乗り、
親友と初恋の女性に裏切られてから、
誰も信頼できなくなって図書館警察長官になったのだと語る。

さらに長官はいきなり部室を失うのもかわいそうだからと、
ひとつの提案を出してきた。
それはステージに上がり今宵のフィナーレに
『美しく青きドナウ』の調べに合わせて、
ブリーフ一丁になって踊るという破廉恥な提案だったが、
芽野は郷里で姉の結婚式に出席しなければならないので、
明日の日暮れまで待ってほしいと頼む。
……実は芽野に姉などいないのであるが……

どうせ詭弁論部の友人より自分の名誉が大事だから、
約束を破ると断定する長官に芽野は反論する。
「大学入学以来無二の親友である芹名雄一
(せりなゆういち)を人質に置いていく」と。
そして芽野は芹名との約束を守らないために全力で走る。

〈信頼しない信頼、友情に見えない友情〉
あれっ ⁈ 『走れメロス』って、こんな話だったっけ?と
首を傾げつつも、新しくなった物語に
森見氏の凡人には想像もつかない発想とかけ離れた才能に、
冒頭から結尾まで頬がゆるみっぱなしの、
生まれ変わった文豪太宰治著『走れメロス』の新釈書。

そして、ひとりの男を介して、古典的名作『山月記』
『薮の中』『桜の森の満開の下』『百物語』が
新文学作品となってつながる 連作短編集。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

乙女戦争  大西巷一

乙女戦争

15世紀初頭、ボヘミア王国の都プラハで
人気を博していた神学者のヤン・フスは、
分かりやすく聖書を説きながら、
聖職者の堕落を厳しく批判したために、
1415年異端者として火あぶりの刑に処せられてしまった。
その事件がフス派を激怒させることになり、
カトリック派との対立が激しくなっていった。

1419年、フス派の過激な説教師ヤン・ジェリフスキーが
カトリック派の参事会員らを殺害したことで、
ボヘミア王ヴァーツラフ4世はショック死し、
弟の皇帝ジギスムントが王位を継承して、
ついに戦争へと突き進んでいく。

1420年にはジギスムントと教皇が協力して
十字軍を発動、ヨーロッパの諸侯らとボヘミアへ進軍。
一方フス派の傭兵隊長ヤン・ジシュカは
農民主体の軍隊を組織して激しく抗戦していた。

乱世の中世ヨーロッパで、聖ヨハネ騎士団員の
ハインリヒ・フォン・ストラコニツェの一方的な殺戮と蹂躙に
脅かされて家族を虐殺され、みずからも性暴力を受け
ひん死状態だった天使のような少女シャールカがジシュカと
出逢い、彼が率いる隻眼巨人隊に兵士として仲間になる。

人の心をも無情な殺人者へと変えてしまう凄惨で
救いようのない戦争と、相反する未来への希望。
民族・宗教・差別など、さまざまな問題を孕みながら、
宗教改革の発端とされるフス戦争をもとに、
可憐で清い少女が戦士となって戦争に飲み込まれていく。
やがて強い心に成長していく美少女と、
残忍な戦争が史実に忠実に描かれた中世戦記物語。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

切り裂きジャックを追いかけて   パトリシア・コーンウェル 大野晶子 訳

切り裂きジャックを追いかけて

それは2001年5月のことだった。
ジェームズタウンの遺跡発掘宣伝のため
ロンドンに滞在していたとき、ロンドン警視庁を
見学してみないかと声をかけられたのである。

そのことにそれまで特に興味を持つこともなかったのだが、
切り裂きジャック事件の権威である副警視監のジョン・リーヴに、
100年以上前の犯行現場を案内してもらいながら、
ウォルター・シッカートという画家の話を聞いたのが、
この事件のきっかになった。

彼の描いた作品は病的な性質と暴力、
秘められた激しい憎しみが滲み出ているように感じられた。
それは切り裂きジャックの犯人とシッカートの深いつながりを示唆し、
それを主張したことで、イギリスの著名画家を連続猟奇殺人の犯人と
名指ししたと不興を買い、些細な記述ミスや自説への固執も加わり、
辛辣な批判とすさまじい攻撃を受けることになる。

友人や家族に囲まれ、役者を目指したのちにイギリスの誇りとされる
優秀な画家と作家になってりっぱな人生を歩み続けた反面、
暴力的などす黒いファンタジーをかき立て、爵位を切望したシーカット。

現代科学を用いて捜査してみたいという動機から、
13年以上の年月を費やした分析と新しい発見により
理解できるようになった、シーカットの暴力的な衝動を駆り立てた理由。
彼が被ったおぞましい被害、
瘻孔(ろうこう)を治療するため施された外科手術。
彼はみずから悪名高い猟奇殺人鬼になりたかったわけではなく、
機知に富み魅力的で誰もが交流したいと思う反面、
頭脳明晰でずる賢く冷徹な側面を持つ不可解なカメレオンだった。

切り裂きジャックは死んだ。でもその魂を感じるという。
調べていくなかで、ジャックに手が届きそうになると、
まるで彼が怒っているかのように奇妙な現象が起きる。
改訂版の執筆にとりかかると、さらに怪奇現象は絶えなかった。

長く語り継がれる至上最強のホラーショー。
犯罪至上、もっとも不可解でセンセーショナル、
残忍で狡猾な殺人鬼・切り裂きジャック。

娼婦がターゲットにされ、異常なまでの残忍さを見せつけて、
19世紀末のロンドンを震撼させた猟奇殺人。
暴力的で悲惨な事件、数えきれないほどの死者と対面して、
生気を吸い取られてしまうと訴えながら、
世界屈指のベストセラー犯罪小説家である著者の、
切り裂きジャックの真相究明は終わらない。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

新家族計画 vol.1    卯月妙子

新家族計画 vol1

19歳風俗嬢のトキコは、
34歳で前衛ミュージシャンの江木ユウスケと結婚。
そして妊娠したトキコが実家に帰りタクジを産んで
戻ってみると、バイセクシャルのユウスケは
オトコとスイートライフを営み、しかも旅に出ていて、
家には相手のオトコしかいなかった。

ほとんど音信不通のまま5年が過ぎたある日、
街でフェロモン漂わせる鈴木ケイジに出会ったトキコは
「あったまるとこ行きません?」と逆ナンパし、
アダルトビデオSM系御用達ホテルに入った。
そこでふたりは意気投合して、気がつけば
トキコとケイジ、5歳になったタクジとの
3人の同居生活が始まっていたのである。

本妻、愛人多数で、
おやじと呼ばれている妻子持ち42歳でAV監督のケイジ。
ネボスケでヒステリー、エロの多重人格、
別れた夫に仕送りしたり、愛人に会いにいくおやじに
お金を貸したりと情が深いのに暴力的で、
孤独に対峙できないトキコ。
ハードな環境で育ちながらも、健気でたくましく、
早熟で社会性のあるタクジ。

おやじが自宅や愛人宅に行ってしまうと、
淋しくて抱き合って泣く母子。
タクジの前でも平気でコトに及び、
SMプレイのような大喧嘩をしても、離れているときは
お互いのことが心配でたまらない擬似夫婦。

伝統的カルトAV女優でストリッパーの著者が綴る
奇妙なエセ家族。
自由奔放に生きているように見えながら、
実は確かに存在する優しさと愛情、
家族への想いがあふれている新家族計画シリーズ第1巻

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

あけましておめでとうございます!

名称未設定-1

「スノーモンキー」を観るためだけに
海を渡って長野県を訪れてくれるという、
いま外国の方々に人気の高い信州地獄谷野猿公園。

最近、私がそこを訪ねたのは
灼熱の太陽が岩も焦がすような夏まっ盛りの7月。

さすがに「い〜い湯だっなっ!」と、
気持ちよさそうに温泉に浸かるお猿さんは稀だったが、
歩道を歩く人間たちの横を器用にすり抜け、
すばしっこく追い越しては追い抜かれ、自由に飛び回る猿たち。

そう、今年は申年。
野猿公園で見た猿たちのように俊敏で、
もともと親しみを込めた言葉・猿公(得手公)と呼ばれるがごとく、
拙ブログを訪問してくださるみなさまが希望を得ることのできる、
喜喜(キキッ)とした1年でありますよう祈念いたしております。
どうか今年もよろしくお願いいたします。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。