12月の投稿書籍

ワセダ三畳青春記今日もいい天気 夢 幾 夜ふるさと納税でパーク・ライフ
バベルの図書館デビュー麻酔科医ハナ①小さな郵便車英語多読1
青 い 骨花宵道中反自殺クラブ電子書籍作家への道ロックンロール

サムネイルをクリックすると元記事にジャンプします


続きを読む

ロックンロール rock'n'roll 大崎善生

ロックンロール rocknrollのコピー

パリ十四区のポート・オルレアンの小さなホテルで、
植村は孤立し孤独のなかで小説を書き続けている。
窓際の椅子に腰かけて、パティオの周りに建つ
アパートを眺めながら。
日本にいる編集者から催促の電話で1日が始まり、
カフェ「フォーミュラー1」でカプチーノを飲みながら、
言葉を探す。

3年前、植村は熱帯魚専門雑誌の編集長をしていた。
そこへ山川書籍の高井真吾が訪ねてきて
いきなり小説を書いてみないかと言いだしたのだ。
大学卒業後、出版社に就職して20年近くもの
熱帯魚雑誌の編集に飽きて、『自由になる魚』という
小説を書き、単行本として出版されて
新人賞を受賞したのである。

そして勤めていた出版社を退職して、山川書籍から
2冊めの小説を書き下ろすことを約束したが、
2年間筆が進まず、宇宙船を探しにパリに飛んだ。
その物語は、家出した中学生の洋一が
ツェッペリンの名曲『ロックンロール』を
口ずさみながら、札幌から東京まで
ヒッチハイクするという構想である。

ポート・オルレアンのホテルで書き始めて15日間で
60枚、洋一少年はまだ小樽にいる。
パソコンを起動させても仕事する気になれず、
洗濯をしてから窓辺の椅子に腰かけ、
高井が付き合っているという3人の女性の名前を、
しりとりのように唱える。
「奈美、美久、久美子」

スーツケースの底には、ジョージ・ハリスンの
初めてのソロアルバム
『オールシングス・マスト・パス』のCD。
それは出発直前、差出人に西田京子という名前が
書かれて、郵便受けに投函されていたものである。
その名前に見覚えはない。

札幌での中学時代、ビートルズの歌声に
胸が切なく高鳴り、成長とともに
好きなバンドは、レッド・ツェッペリン、ポリスへと
変わっていったが、ずっとロックンロールという
小石をポケットに忍ばせて歩いてきたのだ。

ジョン・レノンが死んだ夜、ロック喫茶のカウンターで
ビールを呷っていると、横に座る見知らぬ女の子が
発する悲しみの衝撃波を感じた。
そして彼女は「セックスしよう」と囁いた。

由利という彼女がいた20歳の植村と、名も知らぬ女の子は
『オール・ユー・ニード・イズ・ラブ』の大合唱を背に、
ホテルを目指した。
小さな死に向かっているような、激しいセックスだった。

ジョン・レノンが死んでちょうど1年めに、同じロック喫茶で
彼女と再会し、また細胞が際限なく分裂していくような
セックスをした。
別れ際に聞いた電話番号にかけた先にいたのは、
教えてもらった山本伊沙子と同じ名前だったが、
70歳近い女性だった。
そして名も知らぬ彼女に恋をして、新宿の街を
うろつきまわったが、彼女が姿を現わすことはなかった。
ジョンの3年めの命日も、4年めも、5年めも。

言葉もなく分かり合えた、超能力のような恋をした20年前に
思いを馳せながら、西田京子という女性が彼女なのではと
仮説を立ててみる。

ポート・オルレアンのホテル生活も3週間を過ぎたころから、
小説が転がり始め、少年は悲しみの電波を傍受しながら
青森へ入った。
小石の行方を楽しみながらパソコンに向かい、
ひたすら書き続ける。

担当の編集者・高井から久しぶりに電話があり、小説の
進み具合を訊かれてから、彼自身の話になった。
3人の女性と付き合っていることへの相談だったが、
受話器を置いてからドアがノックされ、植村がミラーから覗くと、
そこに立っていたのは、高井が付き合っている3人のうちのひとり、
石井久美子だったのである。

マロニエの葉を通して降り注ぐ木漏れ日を受けて、
カプチーノを飲むパリの風景と、ジェフ・ベック、
キング・クリムゾン、ピンク・フロイドなどの60年代のロック。

高音とゆるやかな開放弦の響き、エレキギターから奏でる
調べに包まれながら、植村はパリのはずれで、
執筆活動という始まりと終わりがはっきりしない生活で、
ようやく規則正しく回り始めたリズムが、
実体のない感傷に崩されるのを感じていた。

主人公の少年に自分を重ね、孤独と寂寥に耐えられず、
『ロックンロール』を口ずさむ。
植村は彼女の悲しみを感知し、恋が、転がる石となり、
人生が一転して……

高校生のころ、ラジオから流れてきた繊細な
12弦ギターの調べに琴線が震えた。
やがて訪れた静寂のなかで紹介された曲名は、
レッドツェッペリンの『天国への階段』。

本書の帯
《岩となれ、そして転がるな。ツェッペリンの名曲を
バックに、パリで展開する恋と人生》に、
気がつくと手にしていた1書。

ロックンロール (角川文庫)ロックンロール (角川文庫)
(2013/10/14)
大崎 善生

商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

電子書籍作家への道 瀬海 歩(せかい あゆむ)

電子書籍作家への道

紙書籍を自費出版すると、100万円以上の費用がかかるが、
KDP(キンドルダイレクトパブリッシング)なら、
料金の心配をせずに出版することができる。

利点としては
・費用は無料
・印税(ロイヤリティー)が高い(35%または70%、
ただし配信コストが1MBにつき1円かかる)
・写真もたくさん載せられる
・Kindle、iPadスマートフォンなど、媒体もさまざま選べる
などなど。

『前書き』
『第一章 私の体験記〜電子書籍作家への道〜』
『第ニ章 無料キャンペーンと戦略』
『第三章 無料ダウンロード数の公開とグラフ』
『第四章 Amazon様について』
『第五章 おまけ』
『Q&A』
『後書き』
『お得なお知らせ』

当然のことながら、電子書籍作家になりたいなどと
大それたことを思って、本書を購入したわけではない。
AmazonのKindle本日替わりセールのチェックを
日課として欠かさないわたしにとって、
興味惹かれるところが大きかったのである。
そして毎日拝見しているAmazon電子書籍の
内側をのぞいて、「へぇ〜!」と唸ってしまった。

家事と農業(家庭菜園)をしながら、親のすねを
かじっていたとき、Amazonで本を出版できることを知り、
無職から一転して、電子書籍作家になった。
鬱々とした日々に光が射し、Amazonに
自分の著作(電子書籍)が掲載される感動を
たくさんの方に伝えたかったと語る著者。

本書は電子書籍で出版するにあたり抱える
多くの疑問に答え、全体の流れが詳細に説明されている、
電子書籍作家を目指す人に役立つガイドブック。

電子書籍作家への道 キンドルで出版すると決め4ヶ月で2冊出版しベストセラー無料トップ20にランクインする方法と月に10冊以上売るための5つの戦略と体験談電子書籍作家への道 キンドルで出版すると決め4ヶ月で2冊出版しベストセラー無料トップ20にランクインする方法と月に10冊以上売るための5つの戦略と体験談
(2014/02/04)
瀬海歩

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

反自殺クラブ 石田衣良

反自殺クラブ

『反自殺クラブ』
梅雨が明ける前から、35度を超える酷暑の東京。
西一番街の果物屋の奥で、スポーツ新聞に
載っている集団自殺の記事を読んでいたマコトの
前に、突然でかい軍服男が現れた。
巨体の脇から、とがったあごと明るい瞳の
小柄な女性も顔を出し、マコトを訪ねてきたと言う。

話を聞いて欲しいと言われ、西川瑞佳(ミズカ)と
原田英比古(ヒデ)に島岡孝作(コーサク)と名乗る
3人とともに、マコトは芸術劇場のカフェに入った。

3人はみな親が自殺して遺された子どもで、
今は反自殺クラブを結成して、自分たちのような
子どもを少しでもなくしたいという。
自殺サイト、特に集団自殺を募集する心中掲示板を
監視している彼らが問題のサイトを
プリントアウトした紙を取り出した。
サイト名は「スイ、スイ、サイド!」
集団自殺をプロデュースしているのはクモ男。

3人が言うには、
集団自殺は多すぎて手がまわらない。
冷静に判断できる目が必要。
あぶない世界にも通じて、人の手配もできる。
という条件で、手助けしてくれる仲間を探していて、
マコトの名前があがったらしい。

まじめな3人組が気に入り、退屈な夏を
吹き飛ばすにも、スパイダー探しはおもしろいと、
マコトは彼らの依頼を快諾する。

コーサクが集団自殺に潜入して、自殺を祝福する
堕ちた天使・クモ男に、反自殺クラブ&マコトが
その正体を突き止めるため、集団自殺を
阻止するため奔走する。
けれど、この世界と別の世界とを結ぶ境界の
住人であるクモ男も、実は……

自殺者は7年連続3万人を超え、自殺遺児も
1万人ずつ増えている日本の現状。
漠然と世界を覆ってしまう強烈な不安、
誰にも打ち明けられない悲しみ、
生きていられないほどの苦痛。
それらに襲われ、人は思考も身動きも
とれなくなってしまうのだろう。

自殺が果たして悪いことと言えるのだろうか……
心を楽にできるなら……
生きる権利があるのなら、死ぬ権利もあるので
はないだろうか……

死のうとしている人にかける言葉など見つからない。
ただ心のなかで叫ぶことしかできない。
でもきっと、その闇に吸い込まれないよう、
生きるすべての力で闘わなければならないのだ。

もし友人が、家族が、なにも告げずに、
この世界から去ってしまったら……
残された者は、行き場のない悲しみや、
ぶつけることのできない怒りや、
応えてもらえない疑問を投げ続ける。
そしてそれらの言葉は真空の空間に
虚しくさまよう、永遠に癒えない傷となって……

本編では残念ながらGボーイズの活躍はないが、
マコトの部屋がいつもと違うことに、自殺やうつ病の
心配をしながら、容赦なく心的外傷を負わせる、
スパイシーでいかしたマコトのおふくろも健在。

心理カウンセリングの勉強を始める、
いつもにも増して真剣なマコト。
最大の魅力である、シリアスな場面で冷静な
分析をしながら、クールに放つジョークも健在の、
『池袋ウエストゲートパーク』シリーズ第5弾。
ほかに『スカウトマンズ・ブルース』『伝説の星』
『死に至る玩具』収録。

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク〈5〉 (文春文庫)
(2007/09/04)
石田 衣良

商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

Merry Christmas

20141212のコピー

サンタクロースが両親だと知ったのは
いつの頃だったろう?
幼い頃から大人ぶっていたわたしは、
ものごころついたときには、その存在を
信じていなかったような気がする。

この季節、いたるところでクリスマスソングが流れ、
煌めくイルミネーションがあらゆるものの
ベールとなって、街を輝かせてくれる。

その輝きのなかに身を投じているだけで、
煌めいていたあの瞬間に戻れるような気がして……

かわいげのなかったわたしが、今、サンタクロースの
存在をどこかで信じているのは、
脳が幼児化してしまったためなのか、あるいは……

サンタクロースは、きっと今もプレゼントを
運び続けていると、わたしはそう思うのです。
それは目には見えにくいものかもしれない。
人の優しさだったり、パートナーとの出逢いだったり、
心の充足だったり……
でも、必ず贈り物を持ってやってきてくれると。
すべての人のところへ、そしてわたしのところにも。

素敵なクリスマスでありますよう!
Merry Christmas !

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

花宵道中 斉木 久美子 [原作]宮木 あや子

花宵道中

『第一部 花宵道中』
江戸幕府唯一公認の遊廓、吉原の山田屋で、
数年前、遊女朝霧の先輩である霧里姐さんが
血を吐いて死んだ。
霧里は小さな棺桶に入れられて、無縁仏として
寺へ放り込まれたが、朝霧の母は吉原の最下層の
長屋女郎だったため、朝霧が幼いころ「おはぐろどぶ」に
投げ捨てられたのである。

足抜けするために、遊女が火をつけるので店は焼かれ、
遊女たちは仮宅で過ごすことが多い。
朝霧も吉原生まれなので、何度も焼け出されて
仮宅で生活している。

八幡様の日、後輩の八津にいっしょに行って欲しいと
懇願され、朝霧は大門の外に出た。
祭りはノーメイクの遊女たちで賑わっていた。
はしゃぐ八津をなだめようとした朝霧は、
逆に転んでしまい、草履も片方失くしてしまったところに
現れた若い男が、朝霧を担ぎ上げて雑踏から助けてくれ、
草履も探してきてくれた。
そしてその鼻緒の友禅は、自分が染めたのだと言う。
男は半次郎と名乗った。

翌早朝、八幡様へかんざしを探しに行った朝霧は、
偶然にもまた半次郎に出逢う。
半次郎は壊れたかんざしを直してくれると言い、
ふたりは2日後に逢う約束をした。

長く感じられた2日もあと半日となり、羽振りのいい
吉田屋のお座敷に出たあと、愛しい人に逢えると
ときめきながら部屋に入った朝霧は、
そこで半次郎の姿を見て愕然とする。

半次郎の目の前で、吉田屋に
辱められ……どうしてこんなところに……

翌朝、八幡様で半次郎からかんざしを受け取り、
ふたりは抱き合う。
もう少しだけ、このまま……朝霧は祈った。
それから毎朝、朝霧は八幡様へ通ったが、
半次郎は姿を現さなかった。

やがて、朝霧に身請けの話がきたとき、
吉田屋が殺された。
そして、その手配書に描かれていた顔は
半次郎だったのである。

客をとり、死ぬか年季があけるのを
待つばかりの、遊女の人生。
期待することなく、ただ男たちに抱かれる日々を
過ごしていた朝霧に突然現れた恋。
半次郎といっしょにいられるなら、どこにでも行く。
半次郎との生を望む朝霧の恋は……

吉原を舞台に、切なく儚い恋が綴られた同名小説が
コミックとなって、華麗に再燃する。
ほかに『第二部 薄羽蜉蝣』収録。

花宵道中 1 (フラワーコミックスアルファスペシャル)花宵道中 1 (フラワーコミックスアルファスペシャル)
(2010/02/10)
斉木 久美子

商品詳細を見る

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

青い骨 吉村 昭

青い骨

『青い骨』
英一の家に下宿している久光は、ヌード写真のモデルを
している妹の仕送りで生活していたが、その妹は温度管理が
行き届いていない撮影が原因で、肺炎を患い亡くなった。

久光の家は公卿の血を受け継いでいたが、戦前、
父は若い芸子と情死し、銀座でバーを開いた母も
アメリカ人と行方知れずになっていた。

ひと月ほど前に、血痰を吐き、病臥の状態の久光のもとに
「イモウトキトク」の電報が届いたのである。
英一に付き添われて妹の部屋で一夜を過ごしたあと、
生活費に困窮する久光は、病院に妹の身体を4,000円で
実験用に売ってしまった。

1年ほど前から家に出入りするようになった図案師の
海老原に、葬式のことを頼んでいた母は、そのことを
英一から聞いて怪訝な表情になったが、海老原から
飼っていた二十日鼠が仔を生んだことを聞いて
機嫌がよくなったのか、愛おしそうに見入っている。

父が戦犯者として獄死してから、母は並み外れた
愛し方で、小動物を可愛がっていた。
父の死後、母は若やぎ、若い速記者とのことがあってから、
さらに色艶が出てきたようである。

遊廓で吐血し、雨のなか男に連れられて帰ってきた久光に、
塩水を飲ませて背中を拭いてやる英一に
「ねえ、きみ、死んでくれよ」と、久光が言う。
久光には、入水心中をおこし、彼だけ蘇生した経験があった。

以前、英一も死を誘われ、今また久光は同じ言葉を繰り返す。
いっしょに死んでくれることが、愛情確認だと信じているのだろう。

7月に入って、山根と名乗る遊廓の女が毎日のように久光を
訪れるようになったある晩、彼はひどく吐血した。
母は寝ずに看病しながら、女に腹を立てていた。
そしてしばらくしてやってきた女を強い語調で
追い返してしまったのである。
ひたすら母に哀願していた彼女の姿を思い出し、
久光は女を死に誘ったのかもしれないと、英一は思う。

その後、久光はたびたび血を吐くようになった。
あるとき、久光が母を「ママ」と呼んでいることを知り、
英一は一心に尽くしている母に不快感を覚えるのだった。
そして夜になると、母が久光の部屋を
訪ねていることを知ってしまう。

翌日、二十日鼠の親子は乾燥して死んでいた。
母は誰かに夢中になると、小動物に無関心に
なるのである。

英一はその死骸をひとつひとつ京花紙に包み、
階段に並べた。
久光の部屋へ行くために階段を上がる母が、
それらを見つけ、英一に知られてしまったことに
戦慄するだろうと。

布団のなかで息を潜めていた英一の耳に、階段を
上る母の足音が聞こえてきたが、しかし母は……

『死体』『さよと僕たち』『青い骨』『白い虹』『白衣』
『墓地の賑い』

本書は、サラリーマンだった当時、所属していた
「文学者」のリーダー的存在だった、芥川賞作家の
石川利光氏のひとことがきっかけとなり、
本書『青い骨』を自費出版したと語る著者の、
若かりしころの6作品が収録された処女創作集。

青い骨青い骨
(2004/10)
吉村 昭

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

猫まんがで楽しく英語多読1 猫さえいれば世界は楽しい 作/のぐち ことよ 翻訳 エリザベス・ヘイワード 蔵 和子 アドバイザー 宮西 咲

猫まんがで楽しく英語多読1

本書は『白黒猫まんが』の英語版を、英国人と日本人とで
共同翻訳した多読初心者用のまんが英語読本である。

「英語は単語を覚えるのがたいへん」と思うから、
つい敬遠しがちだけれど、まんがで描かれているので、
その状況をなんとなく把握できるため、会話も理解しやすい。
Kindle Fire シリーズと iOS なら、読み上げ機能も楽しめる。

子ども向けの絵本でさえ、知らない単語が出てくるが、
興味がわけば続きを読みたいと思う。

わたしも猫が大好きなので、本書に描かれる Mii(白黒猫)の
しっぽを追いかけるように、気がつけばページを捲っていた。

キュートでチャーミングなMii のイラストに、
気持ちがほんわかなごむ。
作者が言う……長文や難しい文は飛ばして……に
甘んじながら、気楽に英語を楽しめる1書。

目次
表紙
はじめに
Life with Mii Cover
Title page
Copyright
Author’s note
Introduction
How to read this manga
Chapter 1: A new member of the family
コラム1 本と人とをつなぐもの
Chapter 2: A cat isn’t a dog
コラム2 新しい単語を覚える前に
Chapter 3: Stress buster
コラム3 何のために英語を学ぶの?
Chapter 4: My favorite things
コラム4 目標を低くもって、最初の一歩を踏み出そう
Chapter 5: Family bonding
コラム5 さらば、文法用語よ
Chapter 6: At home
コラム6 学問じゃなくて本物を見よう
Chapter 7: sickness and food
コラム7 百回読むより百通り読もう
The translators’ cats
The story of Emily and Elisabeth
The story of Nao and Wako
Afterword
あとがき 英語を学ぶときに1番大事な事
あたまで学ぶ vs. 心で感じる
裏表紙

猫まんがで楽しい英語多読 1 猫さえいれば世界は楽しい (English Edition)猫まんがで楽しい英語多読 1 猫さえいれば世界は楽しい (English Edition)
(2014/01/14)
のぐち ことよ、宮西 咲 他

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

小さな郵便車 三浦綾子

小さな郵便車

人間というのは意外に、真の悩みを身近な人に
打ち明けることができないものかもしれない。
だから易者だったり、巫女だったり、
見知らぬタクシーの運転手に相談する。

自分を見る目や秘密への危惧、さらに相手への
思いやりなどから、すべてを話すことに
躊躇するのである。

相談の手紙も多く送られてくるようになったが、
人生相談の回答者になることはできないと
思っていたところ、『三浦綾子への手紙』の返事を
書いているうちに、そのことに大きな意味を
見いだすようになった。

自分のこと、我が子のことには冷静な判断を
くだせない弱さや迷いが、人間の複雑なところ。
他人であるから、人生の問題を解くいとぐちを
与えることができるかもしれないと、
この仕事を引き受けたのだった。

回答はストレートに答えるのではなく、その人が
立っている場所、現在置かれている場所を示すことが
大切であり、問題は事件の複雑さより、誰しも持っている
根深いエゴイズムなのである。

本書は、自分のあり方を深慮し、自分自身と闘い、
その人が成長し、希望と力を与えられるよう助言していくと
語る著者が、多くの人から寄せられた悩みに、
聖書を引用し慈愛を込めて、問題の核心がどこにあるのか、
真摯に向き合い答えていく、とても温かい人生のバイブル書。


本書の著者である三浦女史の作品『塩狩峠』を
拝読したときの衝撃は、それに見合う言葉が
見つからないほど大きかった。
壮絶な悲運。
慟哭。
生きるということ。
そのなかで、自分なりに読み解いたのは、
「世に起こりうる出来事には、すべて意味がある」だった。

それからは事あるごとに、偉大な存在に
自分に起こったことへの意味を問うてきたが、
無信心なわたしに、神がお答えくださるわけもなく……
けれど稀に「あぁ〜」と、その意味を理解する瞬間がある。

無信心なわたしがこんなことを感じるのはおかしいかも
しれないけれど、もしかしたら悩みも苦しみも、
神からのメッセージかもしれない。
『小さな郵便車』を拝読して、ふとそんなことを思う。
そして、常に近くに置いておきたい1書だとも。

三浦綾子 電子全集 小さな郵便車三浦綾子 電子全集 小さな郵便車
(2013/04/12)
三浦綾子

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

麻酔科医ハナ① なかお白亜 監修 松本克平

麻酔科医ハナ①のコピー

『第1話 麻酔科医』
仁望(じんぼう)大学附属東総合医療センターで
麻酔科医になって2年、華岡ハナ子は1日15時間、
休みは月に2日という重労働に嫌気がさし、
卯月医局長に退職願を出すが却下される。

そして狭い手術室に閉じ込められ、外科医に
こき使われて、食事交代もないような悪条件の日々が
続いて、もう限界だと感じたとき、卯月医局長に
「そんなに麻酔が嫌いなのか、おまえが必要なんだ」と
言われて、ドキっとする。

その直後の手術、胎児仮死の
超緊急帝王切開に臨みながら思う。
胎児と妊婦の命は自分の管理のもとに委ねられている。
責任と重労働、こんな割りに合わない麻酔の仕事は、
好きでなくてはできないと。

麻酔で呼吸の止まった喉に挿管する手技は、
技術力を要し、僅かなミスが死に直結する。
はたからは地味に見える作業の積み重ねが
命を支えていくのである。

そしてハナは、赤ちゃんの無事な姿を見て、
麻酔科医も悪くないかもと感じるのだった。

『第2話 攻めの麻酔・守りの麻酔』
麻酔科医の性格もさまざま。攻める麻酔科医VS
守りの麻酔科医。

『第3話 医療バイト』
大学病院のしきたり、関連病院に一人で出される
医療バイト。

『第4話 九時五時科』
過酷な労働条件の麻酔科とは雲泥の差である、
九時五時勤務の眼科・精神科・皮膚科など。

『第5話 麻酔管理・前編』
手術中に血圧や出血など、患者の容態すべてを
管理する麻酔科医。

『第6話 麻酔管理・後編』
モニターではなく、患者を診て管理し、すべての
感覚で状態を感じとる。

『第7話 麻酔科医と恋愛』
先輩の披露宴に感化されて恋をしたいと思うが……

『第8話 麻酔と麻酔科医』
たびたび麻薬アンプルを落として破損させ、
始末書を書くドジな麻酔科医。

『第9話 麻酔科医の精神』
存在が認知されにくい麻酔科医のやりがいとは……

『特別編 わたしの儀式』
長い手術がある日、必ずおこなう儀式。

人気がなく超多忙な産婦人科に小児科、そして麻酔科は
常に危険がともない、訴訟問題に発展しかねない。
昭和30年代、外科医によって独立した麻酔科は、
手術開始から終了まで、生命活動を管理する患者の
命綱として重要な役割を担ってきた。

本書は単純で純粋な華岡ハナ子の麻酔科医としての
情熱が、ラブリーなイラストとともに描かれる。

恋愛もしたい、美味しいご飯を食べにも行きたいのに、
退社時間になって着替えたところにお呼びがかかったり、
ダブル・トリプルのオペがあったりと、超多忙な日々。
手術前には術前回診があり、手術中には
出血如何によって、輸血もする。

過酷な勤務状況。
身近にある麻薬と激務によって陥る薬物依存。
瞬時に判断をくださなければならない孤独な決断力。
命を預かる麻酔科医という仕事に自信をなくしたり、
ベテラン医師の、一度に複数受け持つ
並列麻酔を見て、未熟な自分を痛感するなか、
麻酔の価値と誇りに目覚めていく。

社会問題にまでなっている麻酔科医不足の現状で、
ひとりの医師として患者の命を支えていく物語が、
リアルに描かれたコミカル&シリアスコミック。

麻酔科医ハナ : 1 (アクションコミックス)麻酔科医ハナ : 1 (アクションコミックス)
(2012/09/07)
松本 克平、なかお 白亜 他

商品詳細を見る


テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

デビュー  今野 敏

デビュー

『嘘は罪?』
赤坂のホテルで「高梨美和子・デビュー記念
パーティー」が行われていた。
実年齢は19歳だが、小柄で童顔のため、
見た目は16・17歳。
そのためプロフィールも17歳と紹介されている。

あどけない笑顔と天性の明るさで、新鮮な魅力を
感じさせる美和子だったが、実は17歳でカリフォルニア大
バークレー校卒業、19歳で理論物理学と哲学の
修士号を取得した天才少女だった。
しかしそのことは秘密にして、アイドルを演じている。

マネージャーの岡田二郎。
中年太りで酒吞み、三流芸能誌の記者・井原。
井原と同じ出版社の立花。
プロデューサーの高見。
長身で、優しく知性を感じさせる眼を持つ、
作曲家の井上鏡四郎。
発達した筋肉を持ち、無口で陰を感じさせる
「殴られ屋のサム」こと長谷部修。
なれなれしくいやらしい印象の作詞家・久保勲。
美和子の事務所社長・小野里。
栗園エンタープライズの社長・栗園。
そのパーティーに出席していた主な面々である。

パーティーのさなか、会場が騒がしくなった。
床にひれ伏し、井原が死んでいたのである。
しばらくして警官と刑事に両腕を掴まれ、
立花は会場から引っ張られていった。

翌日、美和子は市ヶ谷にあるレコーディングスタジオで、
アルバムの録音をしていた。
スタジオには美和子・岡田二郎・久保勲・井上鏡四郎・
ディレクターやミキサーなども含め8人がいる。

レコーディングは快調に進み、午前1時ころには終了して、
それぞれ引き揚げていったが、美和子と岡田、鏡四郎と
サブミキサーが残り、鏡四郎が岡田に向き直り
「知ってるかい?」と、昨日のパーティーでの話を持ち出す。

立花がヘロインを持っていたために、井原殺しの
容疑で逮捕された。
立花は家電メーカーの社長令嬢と婚約することになったが、
隠し子がいたらしく、そのことで井原がユスっていたことが
殺しの動機らしい。
美和子はずっと鏡四郎の話しを聞きながら、
天才の頭脳を働かせていた。

岡田が運転する帰りの車中、美和子が言う。
犯人は立花ではなく、彼を罠にかけた栗園だと
確信していると。

次の日も朝から録画撮りがあり、そのあと局の
挨拶回りを終えた美和子は、岡田に栗園を警察に
逮捕させると豪語し、鏡四郎に自分の秘密を
打ち明けてから、犯人をいぶり出してやろうと
思っていると、協力を仰いだ。
そして「殴られ屋のサム」こと長谷部修に
ボディガードになってもらうため、3人は
彼のマンションに向かった。
「あんたの力が必要だ」という鏡四郎の言葉に
「俺たちの敵は誰なんだ?」と、長谷部は
やる気満々である。

栗園をいぶり出す作戦は、美和子が殺人現場を
見たという噂を流すことから始まった。
すぐに栗園からコンサート・ツアーなどの仕事を
手伝いたいと連絡が入り、美和子と長谷部は栗園が
指定した六本木のホテルのスィートルームに入る。

すると続き部屋から、ビデオ機材を持った人相の悪い
男たちが入ってきて、恥ずかしいビデオを撮ると脅すが、
「ヤクザは頭が悪い」と言い返す美和子に栗園は
「いてもうたれ!」とキレる。

5人の暴力専門家たちが長谷部に挑むが、彼らは
「殴られ屋のサム」の身体に触れることもできず、
あっという間に吹っ飛ばされ、蹴りを入れられ、
次々に崩れ落ちた。

そして鏡四郎が警官と刑事を連れて踏み込み、
美和子たちにVサインを出して、捕り物劇は幕を閉じた。

レコーディングスタジオで、みんなが覗き込んでいた
新聞には、事件の記事が載っていた。
鏡四郎が代表して説明する。
栗園と井原さんは……

『ラヴ・フォー・セール』
『悪い遊びは高くつくわよ!』
『虚栄がお好き?』
『危険なおみやげをどうぞ』
『その一言にご用心』
『25時のシンデレラ』

「え〜、美和子わかんな〜い」が口癖。
ストレス解消にローレンツ収縮の数式を解くほどの
才女でありながら、おバカなアイドルを演じ、
清楚な顔立ちと色香がアンバランスな魅力を
ひき立てている美和子。
三流、いや四流か五流の大学出身だと、
すぐにいじける情けないマネージャーの岡田。
知性と教養を感じさせるセンスを持ち、華麗に
ピアノを奏でる多忙な作曲家兼アレンジャーの
井上鏡四郎。
ハリウッドでは有名プロデューサーたちがこぞって
招きたがるが、日本ではあまり知られていない空手の
達人で、シャイなアクションスタントマンの長谷部修。

非凡な才能を持つ登場人物たちが悪に立ち向かう。
美和子が明晰な頭脳を使って計画を立て、粋な大人が
集う六本木のジャズ・バー「ゼータ」で打ち合わせ、
鏡四郎がお膳立てをして、凄腕の長谷部が目にも
留まらぬ速さで悪者を倒す。

スリルでハラハラしながら、ちりばめられた
ユーモアで緊張が弛む。
痛快で爽快、巧みな情景・心情描写が描かれる、
1話完結のアクションサスペンス。

デビュー (実業之日本社文庫)デビュー (実業之日本社文庫)
(2013/08/06)
今野 敏

商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

バベルの図書館   つばな

バベルの図書館

職員室に呼ばれ、教師からの叱責を受けて、
作文を書き直すように求められた2人。
授業で書いた、渡瀬(わたせ)と相馬(あいば)の作文が、
1言1句違わぬ内容だったのである。

そんなことがあるはずはないと気味悪がる相馬に、
それならいっしょに言葉を書いて、また同じ文字が並ぶか
確認しようと渡瀬は提案する。
けれど、2人のメモに書かれていたのは
「天使の抜け道」……またしても同じ言葉が並んでいた。

実は渡瀬は不思議な能力を持つ少年だった。

《言葉はパターンで、文字は記号の組み合わせでしかない
文字の時間はいつも止まっている。
言葉を伝えるときだけ、時間は回るのである》

嘘ばかりの、現実だと思っている世界は悪魔の夢で、
天使を求め、天国という世界の存在を相馬は信じている。
そしてあの同じ内容を書いた作文の、
不思議な偶然を体験した少女は少年に訊く。
「あなたは天国への扉ですか?」と。

相馬はスケッチブックに『天使の抜け道』という絵本を
描いているが、同じスケッチブックを渡瀬も持っていた。
そこに描かれた物語風の日記を、渡瀬は
自分のスケッチブックから読み取る。
視点、言葉の並べ方に感銘を受け、
もっとその中に入りたいと思う。
繕った表面の裏側に。
心の奥にある、言葉の裏、禁忌の部分に。

あるとき森の中で天使を見つけた相馬は、
そのときからその天使が消えた抜け道を探すようになり、
渡瀬なら分かってもらえると信じるのだった。
今いる嘘の世界の、ほんの少しずれたところに
重なるように、本当の天国の世界が存在していると。

多くの選択肢のなかで、選ばれなかった世界が、
どこかで存在している気がすると著者は言う。

別の世界から現実の世界に持ってこられる万能の言葉を
介して、夢の世界に入り込むことができそうな、
神秘の雰囲気に包まれるSFスピリチュアルコミック。


バベルの図書館 (エフコミックス)バベルの図書館 (エフコミックス)
(2014/01/22)
つばな

商品詳細を見る






テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

PARK LIFE パーク・ライフ 吉田修一

PARK LIFE パーク・ライフ

霞ヶ関駅に停車した電車が、突然空調を切り
そのまま動かなくなった。
ぼくはぼんやりと日本臓器移植ネットワークの
広告を眺め、とっくに下車した先輩の近藤さんだと
思って見知らぬ女性に声をかけてしまった。

その女性はきょとんとしたものの、周りの乗客に
失笑されないよう、長年の知り合いに話すように、
調子を合わせてくれたのである。

日比谷駅で降り、大噴水広場のベンチに座って、
缶コーヒーを一口舐め、ゆっくり目を開ける。
近景、中景、遠景の景色が視界を満たし、軽い
トランス状態を味わいながら、近藤さんを待っていた。

紙袋を提げて歩いてきた近藤さんと肩を並べて、
心字池のほとりを歩いていると、低い崖の上のベンチに、
さっき間違えて話しかけた女性の姿を発見し、
気がつくと駆けだしていた。

スターバックスのカップを片手に、彼女が言う。
「この公園で気になってる人が2人いて、1人はあなた。
いくら見ていても見飽きない」と。
振り返ると、近藤さんがこちらを窺っていたので、
その場を辞した。

バスソープや香水を扱う会社の広報兼営業を
担当しているぼくは、日比谷シャンテ店へ行く前に、
日比谷公園でランチを摂るのが日課だったが、
それから2日間スタバ女は姿を見せなかった。
スタバ女と名づけたのは近藤さんである。

学生のころ1人旅をしたニューヨークで入った
スターバックスの情景に入り込みながら、ふと顔を
上げると、崖上のベンチにスタバ女の姿が見えた。
またしても、崖上まで駆けた。

ベンチの片側を空けて待っていた彼女は、
お昼を済ませたか訊いてくる。
その口調は、自然に相手との距離を縮めるような
親近感を抱かせる。

コーヒーカップを差し出しながら、彼女は言う。
「いつの間にか、スタバの味が分かる女に
なっていたのよね。あのお店にいる女性がすべて
自分に見えるから、店内では食べたくない」と。

翌日、コーヒーのお礼にスタバでカフェモカを
2つ買って日比谷公園に向かうと、彼女は
すでにカップを手にしていた。
余ってしまったカフェモカを、彼女が気になっている
もう1人の人物、気球を上げていた男性に
渡そうと探すが、彼の姿は見当たらない。

彼女と早めに公園に行くと約束した日、
その老人が気球を見上げていた。
彼女に急かされ、老人に近寄って気球のことを
訊いてみると、上空に飛ばして気球に付けた
モニターから公園を見たいと言う。

ここ数日は大学の先輩である宇田川夫妻の
マンションに泊まっていた。
彼らは別居中で、和博も瑞穂もマンションを
不在にしているため、愛猿ラガーフェルドの
世話を頼まれたのだった。
駒沢公園を散歩していると、犬好きの
ラガーフェルドは大型犬のシンディと
楽しそうにじゃれ合うのである。

マンションの近くにあるアパートに戻らないのは、
上京している母にベッドを占領されているからだ。
母は春と秋に10日ほど、息子の部屋に滞在して、
東京見物を楽しんで、田舎に帰っていく。

人が溢れる都会で、ふとしたきっかけで知り合い、
実は興味があるのに、あまり踏み込んでは
いけないようなふたりの関係と、流れる情景描写が、
日比谷公園を舞台に描かれる。
いっしょに居たいから、気を遣って別々の部屋で
過ごす夫婦。
自分以外の人の生活のなかで過ごす安心感。

相手の反応に緊張し、自然に保たれる距離。
父とよい関係を続けるために、息子のアパートに
やってきて数日を過ごす母。

外灯の青い闇に浮かぶ、日比谷公園の夜の顔。
誰もいない公園に、昼間聞いた会話だけがよみがえる。
あの気球を思い浮かべると、上空からの俯瞰図が、
人体胸部図のように見える日比谷公園。
臓器とシティライフがリンクする。

近づき過ぎるとうまくいかない。
適度な距離を保つがゆえ空虚な関係性が漂いつつも、
希望が見え隠れする不思議な魅力を感じるものがたり。

ほかに『flowers』収録。

パーク・ライフ (文春文庫)パーク・ライフ (文春文庫)
(2004/10)
吉田 修一

商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

もっと美味しく!もっと便利に! ふるさと納税でスゴイ特産品続々‼︎  国内情勢研究会

もっと美味しく!もっと便利に! ふるさと納税でスゴイ特産品続々‼︎  

最近話題の「ふるさと納税」。
2008年からはじまり、全国各地の特産品が
もらえるうえに、住民税や所得税控除という
特典までついている。
特産品の品切れだったり、“プレミア” や “幻” が
付く特産品もあったり、その人気の高さには
目を瞠るものがある。

具体的には、その土地柄によるさまざまな特産品の
なかから、欲しいと思う品がある市町村を選んで
寄付する(全国どの市町村でも、複数でも
選ぶことができる)。

寄付金から2,000円を差し引いた金額が、そのまま
税金控除となるため、実質2,000円の負担で、
その金額以上の高級な特産品が寄付のお礼として
もらえるのである。
このとき大切なことは、自分がいくら税金を納めるのか、
把握しておかなければならない。
さらに寄付金の明確な用途と結果を公表しているのも、
納税者には嬉しい。

その地でしか味わえない特産品、地元が誇る名産品、
季節の旬の味などが、2,000円の負担で
送られてくる期待感。
食材のみならず、オホーツクの流氷や24金の手裏剣、
競走馬のゼッケンや蹄鉄、村長・町長1日体験など、
ユニークな発想もおもしろい。
東日本大震災や広島の土砂災害、御嶽山噴火などの
自然災害への復興支援にもつながる。

本書には、ふるさと納税の制度や得する税制度、
そして各自治体の特産品が紹介され、寄付金額の
範囲やホームページのURLなどの詳細情報も載っている。
お得なだけでなく、地域の産業や特色、自分が納めている
税金についての意識も高くなる1冊。

もくじ
1, はじめに
2, 詳しく教えて!ふるさと納税
(1)寄付をすることで各地の特産品が手に入る!
  そして寄付をする町は自分で選べる!
(2)ふるさと納税に寄付すれば税金が控除される!
(3)ひとつのところだけじゃない!複数の自治体に
  寄付ができるので、特産品も複数もらえる!
3, どうやってふるさと納税の寄付をするの?
(1)寄付したい自治体、欲しい特産品を探そう!
(2)寄付の方法を選ぼう!
(3)税金の控除を受けよう!
4. ふるさと納税の今がよくわかる最新ニュース!
(1)政府がふるさと納税の控除額の拡大と
  手続きの簡素化を検討
(2)ふるさと納税サービスにソフトバンクが参入!
  さらに利用しやすくなる ⁉︎
5. ふるさと納税でもらえる全国旨いもの祭り!
  秋&冬のオススメ味覚編
6. ふるさと納税でもらえる、全国おもしろ特産品!
7. 震災被災地など、今年自然災害で被害を受けた
  自治体を応援しよう!
(1)東日本大震災による主な被災地
(2」2014年、今年大きな自然災害のあった地域

もっと美味しく! もっと便利に! ふるさと納税でスゴイ特産品続々!!もっと美味しく! もっと便利に! ふるさと納税でスゴイ特産品続々!!
(2014/10/09)
国内情勢研究会

商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

夢幾夜 三浦綾子

夢幾夜

◯月◯日
黒い煙が立ち上り、赤い炎が天を焦がす。
誕生した日、病院が焼けた。
今日は誕生日だから火事なんだと思っていると、
場面は突然寝室に変わる。
そこに黒猫が現れた。
黒猫が鳴くと、それを合図に泥棒が忍びこみ、
宝石箱からダイヤの首飾りを手にする。

そのとき廊下で足音がして、うろたえた泥棒は
首飾りを、大きく開けた黒猫の口に投げ入れ、
逃げていった。
黒猫は口を閉じてぬいぐるみと化し、
天井を見つめている。
そこに物静かな女性が入ってきて
「かわいい猫」と言ったところで、目が覚めた。

火事の夢は運勢が上がるという。
いい夢を見たと喜んだが、それもまた夢だった。

著者が実際に見た夢が語られる、まさに夢のようで
不思議な神秘の世界。

旧約聖書にも新約聖書にも、夢にまつわる記述があり、
それは重要な歴史で、ドラマチックな物語なのである。

人間には、2〜3割の有意識の世界と、7〜8割の
無意識の世界があり、この無意識の部分が
自分自身でも分からない姿であるが、
それが時折夢の世界に姿を現わすという。

本書は、その無意識の、自分自身でも分からない
本当の姿を知りたいと、夢を書きとめてきた
著者が紡ぐ夢日記。

幼いころ、夜空に輝く星をつかんだ夢を見た。
つかんだ途端、目が覚めた。
わたしは顔を傾げ、かたく握られた右手に目を向ける。
そして指の力を抜き、そっと開いてみた。
でも、そこに星はなかった。
文字通り、人が見る夢は儚いものなのだろう。

けれど、もし失った大切な人に、毎夜夢で逢えたなら、
7〜8割が無意識の世界であるなら、夢が現実と逆転して、
幸せな気持ちで生きていくことができるのではないだろうか。

夢幾夜 (角川文庫)夢幾夜 (角川文庫)
(1993/01)
三浦 綾子

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

今日もいい天気 原発事故編 山本おさむ

今日もいい天気 原発事故編

漫画家の山本おさむが、埼玉の仕事場近くの公園を
散歩していると、尋常ではない目まいに襲われ、
地面に倒れ伏してしまった。
ところがそれは目まいではなく、実は地面が
揺れていたのである。
そう、日本中を震撼させた、あの 3.11
東日本大震災だった。

揺れが収まってから、慌てて仕事場に戻ると、
スタッフも本棚や机などの家財も無事だったが、
テレビニュースでは凄まじい光景を映し出していた。
震源は宮城県沖、津波で家や車が流されていく。

福島県にいる妻のケーコさんが心配になり
電話するがなかなか通じない。
ようやく聞こえてきた声……自分も愛犬のコタも
無事だと言うが、恐怖で泣いているようである。

その日、気功サークルに参加したケーコさんは、
帰りに温泉に入ってドライヤーをかけているときに
地震に見舞われた。
余震に震えながら、家にいるコタのことが気がかりで、
ひび割れた道路や、落下した屋根瓦、崩れ落ちた塀を
視界に、愕然としながら車を走らせる。
家に到着すると、おすわりして主人を待つコタの姿を
見て心から安堵したのである。

そして翌3月12日、福島第1原発1号機が爆発した。
新幹線も高速道路も閉鎖されたままだった。
流れてくるニュースに不安が募るおさむは、
ケーコさんに車で埼玉まで避難するよう電話する。

ケーコさんは自分たちだけ逃げるような後ろめたさを
感じながら、必要最低限の荷物を積み、
コタを乗せて福里村(天栄村)をあとにした。

猛威をふるった東日本大震災。
人を家を車を風景をさらった東北地方大津波。
その被害は甚大だった。

無事に着いたケーコさんは涙ぐみ、コタはおさむに
身体をすり寄せて喜んでいる。

3月14日3号機爆発。
3月15日4号機原子炉建屋爆発。
そして大量の放射能が福島の空に降り注ぐ。

次々に原子炉が爆発し、大気にも草木にも、
人の上にも放射能を撒き散らしているにもかかわらず、
安全キャンペーンを続けるテレビ、
わいてくる原発推進派の学者たち。
政・官・財・学が手を組んで作った虚構である原発を、
事故が起きてもなお真実を隠蔽し
維持しようとしているのである。

国もマスコミも東電も、すべてに不信感を抱いたおさむは、
自分で情報を集めて備えるしかないと、
一晩中ネット検索して、みずから原子力発電や
放射能汚染を調べていく。

自分の身は自分で守らなければならない。
4月になり、復旧した東北自動車道に乗り、
必要な荷物を取りに福里村(天栄村)に戻った。
ブルーシートがかけられた屋根、半倒壊の家、
地震の爪跡は生々しい。

自主避難できる環境であれば幸せだが、それができずに
とどまるなら、放射能の影響を甘んじて
受けなければならない。
大勢の県民がそこで生活しているのである。
それが原発事故の現実だった。

入院している叔父の容態が悪いからそばに
ついていたいと、ケーコさんとコタは残り、
おさむはひとり埼玉に戻っていった。

1か月後、ケーコさんとコタも埼玉に戻ったが、
ケーコさんは口内炎がなかなか完治せず、
コタは鼻血らしき出血があり、声を失った。
1か月間の福里村暮らしで、放射性物質を
浴びたり内部被曝などによる
低線量被曝したのだろうか……
そしてそれが原因の症状だとしたら……

無邪気な目、くるんと丸まったフワフワの尻尾、
愛くるしい表情のコタ。
政府と東電の嘘と誠意ない対応に怒りを
震わせるおさむ。
涙もろく、家族思いのケーコさん。

生まれ故郷の九州から、東京、埼玉、
そして安住の地だと思って住みついた東北の地。
仮設住宅生活を強いられ、いつ戻れるかも
分からない県民の不安、先の見えない未来。
原発は事故後も余震のたびに悪化を
恐れなければならず、遅々として進まない除染作業。
原発問題はなにも解決されないままだ。
そして私たちは決して忘れてはならない、
人間が犯してきた罪・人災を。

幸い自主避難が可能だった、いちばん小さな
被災者として、怒りを表明したかったと語る著者。
赤旗新聞に連載された1年間がまとめられた1冊。

今日もいい天気 原発事故編 (アクションコミックス)今日もいい天気 原発事故編 (アクションコミックス)
(2013/02/12)
山本 おさむ

商品詳細を見る


テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

ワセダ三畳青春記 高野秀行

ワセダ三畳青春記

三畳間の家賃12,000円、常軌を逸した住人と、
奇人変人が出入りする、早稲田大学近くの
古い木造アパート「野々村荘」での
11年間(1989年〜2000年)の物語。

第一章
『UFO基地探検と入居』
早稲田大学四年生で探検部の高野は、就職も
決まらないばかりか、卒業のめども立たずに、
部活動を続けていた。
探検部の活動に必要な装備を物色しに、高田馬場にある
カモシカスポーツへ行き、何気なく店に置かれていた
連絡ノートをめくって、ある記述に目が釘付けに
なってしまった。

それは自分たち探検部宛に綴られたものだった。
内容は、山形県と宮城県をまたぐみみずく山に
UFQ基地があり、今春そこに登ったあと、いっしょに
行った仲間が不可解な出来事に見舞われて、
自分も事故に遭いそうになったので、
現地を調査してほしいとのこと。
連絡先には安部ケンゾウという名前と
電話番号が記されていた。

探検部に対してのUFQ基地探査依頼も、信じ難い内容も
不可解ではあったが、この手の不可思議な話が
大好きだったため、高野はその連絡先に
電話をかけることにした。

電話の声から歳の頃は40歳前後、山好きで普通の
社会人と思われる安部ケンゾウに話を聞いてから、
学研のオカルト雑誌「ムー」の編集部を訪れ確認すると、
やはりみみずく山は UFQ基地で有名とのこと。

そして12月24日に後輩5人を連れてみみずく山に登り
3泊したが、これといった成果もなく下山する。
ところが途中で会った漁師に訊いてみると、
彼の友人がUFQを見つけて鉄砲で撃ったと言うのである。

その話に唖然としながらも、UFQ基地探査は終了となり、
半年後にアフリカ旅行から帰国して大学に行くと、
後輩のイシカワから、自分が住んでいるアパートで、
三畳の部屋が空いたから入居者を探している
という話を聞き、高野はすぐに手を挙げた。

大学の正門を出て徒歩5分のところにある「野々村荘」に
行ってみると、なんとあのUFQ基地探査を依頼した
安部ケンゾウが住んでいたのである。
彼はみみずく山を訪れた者は災難に遭うと言っていたが、
これも災難なのだろうか……

そして「野々村荘」での、11年間の物語が幕をあける。
『電話をとるな』
『ドケチ男「守銭奴」の叫び』
『「野々村文庫」秘話』
『飯作りは危険がいっぱい』
『無法地帯・野々村荘』

第二章
『犬は車を止めようとは思わない』
『人体実験で十五時間、意識不明』
『プールへ行こう!』

第三章
『テレビが家にやってきた!』
『夢の卓球対決』
『三味線修行』
『占い屋台と仙人』
『おばちゃんは名探偵』
『守銭奴も名探偵』
『野々村荘、マスコミの寵児になる』

第四章
『第一次野々村対潜』
『だから結婚式はいやなんだ!』
『暗闇に提灯を見た?』
『真人間カバンと真人間ヘアー』
『三十男の四畳半デビュー』
『スーツを着て大人になる』

第五章
『ノノコン男の悲劇』
『ツタの啓示する終末』

第六章
『遅すぎた「初恋」』
『決意』
『さらばワセダ、さらば野々村荘』

入口の大きなくるみの木は豊かな緑が映え、建物は
古いが木の風情が贅沢ともいえる「野々村荘」。
イシカワから家財道具を収奪し、彼も含め大学の
友人たちも自由に出入りし、ケンゾウもたびたび
酒を持って訪れる高野の三畳間。
ときどき長男の怒鳴り声とリズミカルな包丁さばきの
音が聞こえてくる隣りの大家宅。

イシカワの隣室に住む、せこく凄まじいケチで、
守銭奴というあだ名を持つ初老の男・松村の
ドケチエピソード。
「野々村荘」の靴入れの上に並んだ
本・野々村文庫にまつわる騒動。
訪問販売で毛皮を売りつけられそうになった経験が
あり、むさくるしい風貌、共同台所で股間を洗う
ケガワ君というあだ名の田代と、司法浪人10年、
はじめは良い人と思うが、そのうち過剰なユニークさで、
人々を悩ませるケンゾウとの便所事件。
優しく面倒見のいい大家の名探偵おばちゃん謎事件。

「野々村荘」に依存し、働くことにも、金銭に関しても
倹約家で、たった10日間の会社勤めや、旅行エッセイ・
翻訳書などを執筆している高野が、33歳で初恋を経験する。
33歳なのに、13歳のような切なくピュアな恋心が、
やがてずっと彼女といっしょにいたいと願い、
ついに「野々村荘」を出ていくことを決意する。

本書はそれまでの11年間が描かれた、奇態な住人たちと
珍事件や珍騒動に笑わせられ、ちょっぴり胸がつまる、
著者の自伝的青春記。

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
(2003/10)
高野 秀行

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。