4月の投稿書籍

三匹のおっさんS 有川浩旅猫リポートS悪夢の身代金Sコーヒーもう一杯S硝子のハンマーS夫と妻の時効S君の名残をS
夜の果てまでS植物図鑑SサクリファイスS劫尽童女SさよならドビュッシーSさくらSナミヤ雑貨店の奇蹟S本格小説S我、天命を覆すS松本山雅ものがたりS鹿男あをによしS好きよS脳が若返る30の方法S  
母 三浦綾子1S

サムネイル クリックで元記事にジャンプします

本とわたし
先日、持病の頭痛とアレルギーの薬をいただくため、かかりつけの診療所を訪れた。
待合室で『新世界より』に夢中になりながら、ふと右隣りを見やると、身体の大きさから、
たぶん6〜7歳と思われる男の子が、わたしと同様、本に夢中になっていた。
よくよく見ると、絵本ではなく、活字びっしりの書籍を読んでいる。
きっと賢い子なんだなぁと思いながら、なんだかとても嬉しくなり、ついつい声をかけてしまった。
「本、好き?」
彼は不思議そうにわたしの顔を見つめ、無言のままうなずいてくれた。

電車のなか、喫茶店の座席、銀行の待ち合い椅子など、周りで読書をしている光景を見ると、心が温かくなる。

そんな自己満足を果たすため、たくさんの方に本のおもしろさを知っていただきたいと、このブログを始めましたが、
書籍の内容より、読んでいたときの状況やら、自分の気持ちなどが前面に出ているようで、
お忙しい時間をぬって訪問してくださる方に、申し訳ない気持ちにもなります。

ただ本が好きで、書くことが好きなわたしは、今とても充実した日々に感謝の気持ちでいっぱいです。
どうか独断と偏見、自分勝手な解釈の拙文をお許しくださいますよう。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

母 三浦綾子

母 三浦綾子1

東京タワーにのぼったのは、たしかスカイツリーができる数年前だった。
改札を出ると突然の夕立に見舞われ、必死で東京タワーまでの道を走った
記憶がある。ドアを抜け、3階の蝋人形館に入る。
マリリンモンローに溜め息をもらしながら、ハリウッドスターや
ロックミュージシャンを眺めて進んでいき、ギョっとする。
かざられていたのは、目を背けたくなるほどむごい、中世の拷問の様子が
再現された蝋人形だった。
おそるおそる、その蝋人形に目を向けると、本書の一場面がよみがえる。

数年前、話題にのぼった『蟹工船』の著者である小林多喜二さんのお母さんに
哀願されて書かれた社会主義の悲劇。
母の愛情の深さと大きさ。
それゆえの悲しみに言葉を失う1冊。
母 (角川文庫)母 (角川文庫)
(1996/06)
三浦 綾子
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

脳が若返る30の方法 米山公啓

脳トレ

最近、指示語が多くなった。
「ほら、あそこにあった、あれ、あれ」

芸能人の名前が思い出せない。
「あのドラマに出ていたあの人、あの人、名前なんだっけ?」
訊かれる側も、「あの人」と「あのドラマ」では分かるはずがない。
だから会話が成り立たない。
そこで脳トレーニングの書籍を探してみる。

えっ!
耳栓をして階段を上り下りする?
コーヒーの匂いを嗅ぎながら、魚の写真を見る?
仕事中の間食は、ピーナッツチョコレート?

目次にとても興味をそそられる。

脳は鍛えれば、大人になっても成長するとのこと。
毎朝ピーナッツを食べながら、脳トレを実践してみようと決意。
数か月後には、頭よくなってるかなぁ……ち、違う!

脳が若返る30の方法―科学が示してくれた脳の育て方脳が若返る30の方法―科学が示してくれた脳の育て方
(2003/02)
米山 公啓
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

さくらんぼ

佐藤錦
山形県の佐藤栄助氏によって黄玉とナポレオンとの交配でできたサクランボの一種。
そのサクランボが4月に入り花咲きました。
この白い小さな花が、真っ赤なサクランボの実を結ぶまで見守っていきたいと…。

佐藤錦

Avocado Tuna Hamburg

ヘルシーなマグロのハンバーグ(作り方は写真をクリックして動画で) 
Avocado Tuna Hamburg

好きよ  柴田よしき

好きよ

何年前のことになるだう、『好きよ』というタイトル
に釘づけになり、読み始めた。
ひとりの女性の死から始まる物語。
遺書に綴られた「好きよ」の意味。
死んだはずの女性の指紋。
真湯島に残る不思議な言い伝え。
現実の世界と未知の世界が、頭のなかで交錯する壮大な
ミステリーファンタジー。

男性なのに、こんなに繊細で情緒あふれる文章を紡ぐ
著者の大ファンになった。
当時、柴田よしきさんというお名前から、勝手に男性と
思い込んでいた……ごめんなさい。
好きよ好きよ
(2002/08)
柴田 よしき
商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

鹿男あをによし 万城目学

鹿男

大学の研究所で人間関係に疲れてしまい、奈良の女子高に赴任する主人公。
そこで一頭の鹿に話しかけられる。
「さあ、出番だよ、先生……」
日本の命運を任され、物語は急ピッチに展開する。
剣道の大会で、次々に対戦相手を打ち負かす女子高生。
鏡に写る、自分の顔であるはずの鹿の姿。
サンカクと勾玉の謎。
物語の行方に目が離せない。
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
(2010/04)
万城目 学

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

松本山雅ものがたり 倉田ひさし

images-1.jpeg

今年の元日、恩ある方から年賀状が届いた。
そこには「昨年は大動脈瘤の三回目の手術をおこない、無事新年を迎えることができました。
……中略……今年は私が手がけた本が何点か刊行になります」と書かれていた。
その一冊に『松本山雅ものがたり』があった。
三月の刊行を待ちわび、さっさく入手する。
ものがたりはJ2昇格をかけた試合、松本山雅FC対ホンダロックFC戦から幕が開かれる。
半世紀ほど前、松本駅前の小さな喫茶店から生まれた、小さなサッカーチーム。
その歴史が、多くの人との交わり、選手やサポーターたちの熱意とともに綴られる。
松田選手の死という、絶望とやり場のない怒り、言葉にならない悲しみ。
彼とともにJ2昇格を勝ち取った歓び。
そしてJ1への新たな「山雅伝説」が始まる。

今、松本の街は山雅カラーの緑色で染められているという。
松本山雅ものがたり―J1をめざすアルプスの風松本山雅ものがたり―J1をめざすアルプスの風
(2013/02)
倉田 ひさし
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明 結城光流

200912000602.jpg

ハードカバーも好いけれど、ソフトカバーの単行本についつい手がのびてしまう。
端正な顔立ち。眼光鋭くも、つかみどころがなく影のある美青年の装丁に惹かれながら。
人と化生のあいだに生まれ、類い希な力を持つ安倍晴明が、外つ国からきた化け物を倒すため、十二神将を使役していく。
晴明と個性光る十二神将たち。
息もつかせぬ闘いの情景。そのあとの感情あふれる台詞の数々。
最後のページを読み終えたにもかかわらず、本を裏返して、また表紙をめくる。
不思議な夢のような世界にもう一度入り込みたくて。
我、天命を覆す  陰陽師・安倍晴明我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明
(2010/07/31)
結城 光流
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

本格小説 水村美苗

本格小説


ある日、上司から本を手渡された。
プレゼントされて、なにより嬉しいのが本である。
しかもそれは厚い単行本上下巻だったから、喜びもひとしおだ。
勇みつつ部屋に籠り、幻想の世界に入り込む。
ところが10ページ20ページ50ページと読み進んでも、いっこうに物語に陶酔できない。
どうしよう、上司に「つまらなかった」とは言えない。
焦る気持ちを持てあましながら、とりあえず活字を追っていく。
すると上巻も半分ほど過ぎたあたりから、のめり込んでいる自分に気づく。
舞台はニューヨークから軽井沢へ。
不遇な太郎のサクセスストーリーと、身分不相応な切ない恋。
軽井沢の樹々の緑と、凛と澄んだ空気が脳裏を満たす。
そして知らされる結末に驚愕する。
『本格小説』まさにタイトルそのものである。
本格小説〈上〉 (新潮文庫)本格小説〈上〉 (新潮文庫)
(2005/11/27)
水村 美苗
商品詳細を見る
本格小説〈下〉 (新潮文庫)本格小説〈下〉 (新潮文庫)
(2005/11/27)
水村 美苗
商品詳細を見る






続きを読む

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

Simply, Yummy Potato Chips N Salad

簡単で美味しい!! ご機嫌なサラダ(作り方は写真をクリックして動画で) 
Chips N Salad

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾

ナミヤ

読み終わって「さすがだなぁ」と、ただただ感嘆するばかり。
時空を行き来しながら、登場人物それぞれの世界だと思っていたことは、実は……。
過去につながる一軒の雑貨店。
歪んだ時間。
さまざまな悩みの手紙が、どのように結ばれていくのか……。
とにかくたくさんの方に読んでもらいたい、そして驚きと感動に共鳴してほしいと
思えるストーリー。
ナミヤ雑貨店の奇蹟ナミヤ雑貨店の奇蹟
(2012/03/28)
東野 圭吾
商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

さくら 西加奈子

さくら

あるとき体調に異変を覚え、病院に行った。
検査の結果、担当医師から発せられた言葉は「手術しましょう」とのこと。
まさか自分がそんな大それた経験をすることになるとは夢にも思わない中、内視鏡での腫瘍除去術を受ける。
麻酔から覚めた術後一日目は、痛みのなかでのみ、生きていることを確認していた。
けれど自分でもびっくりするほど驚異的な回復力で、三日目くらいからの入院生活は天国と化す。
上げ膳据え膳、本を読み放題の毎日なのだから。
そのとき読んだのが『さくら』だった。
さくらという老犬と家族。淡々と描かれる過酷な現実。それがかえって想像力を掻き立てられる。
入院中の少しだけ心細くなった気持ちに、勇気を与えてもらった一冊。
さくらさくら
(2005/02/23)
西 加奈子
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

さよならドビュッシー 中山七里

さよならドビュッシー 中山千里

思いもつかないラスト。
思わず驚嘆と賞賛の叫びをあげてしまった。
文章にところどころ隠れているヒントを見出しながら、
「そっかぁ!」と納得しながら再読したい。
自分などが述べるのもとてもおこがましいけれど、
数えきれない作品のなかでも秀逸の物語。
さよならドビュッシーさよならドビュッシー
(2010/01/08)
中山 七里
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

劫尽童女(こうじんどうじょ)恩田陸

劫尽童女(こうじんどうじょ)恩田陸

星の数ほどある書籍の量。
本を読める時間の限られている現代社会。
だからいつでも良書に巡り会いたいと願う。
そんななかで読み始めた本書。
冒頭の、あまりのバイオレンスな表現に戸惑う。
失敗したかな……と。
けれどそんな心配はいつしか遠くへ追いやられ、
気がつけば夢中でページをめくっていた。
この世のものとは思えない叡智を持った少女の小気味良さ。
宇宙を思わせるような壮大で幻想的な情景。
しばらく恩田ワールドに浸っていた。
劫尽童女劫尽童女
(2002/04)
恩田 陸
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

サクリファイス 近藤史恵

サクリファイス 近藤史恵

過酷に分担された役割。
チームのために犠牲となる存在。
疑惑や疑念が渦巻くなか、嗚咽しそうなほど心を動かされる最終章に、
小説の醍醐味を思う存分満喫できる「これぞ小説!」と思わせる逸品。
サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス
(新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵
商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

植物図鑑 有川浩

植物図鑑

道を歩いているとよく見かける、壁やフェンスに絡まりながら咲いている可憐でキユートな花。
それが「屁糞葛(へくそかずら)」という名前だと知り、思わず失笑してしまう。
そこかしこに生えている草花がほとんど食べられる植物であることを知り、いちいち感嘆の声をもらす。
道端で拾った美少年の樹さえ、植物なんだろうかという錯覚に陥りそうである。

極寒の地であるわが故郷にも、そろそろ『植物図鑑』に出てくる草花が、土手や野原を満たしてくれる季節。この一書を片手に、春の野草狩りに出かけてみようか。
植物図鑑 (幻冬舎文庫)植物図鑑
(幻冬舎文庫)
(2013/01/11)
有川 浩
商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

夜の果てまで 盛田隆二

511ohgG4DJL.jpg

本屋さんに入ると胸が高鳴る。
整然と書棚に並べられた、たくさんの本。
平積みされ、触れられることを静かに待っている本。
どれにしようか迷いながらも吸い寄せられるように、一冊を手にとる。
タイトルと装丁を眺めながら、表紙をめくる。
数行読み、「これ」と感じれば購入する。
帰宅し、さっそく読み始め、数ページ進んだところで「ん???」
そこでようやく気づくのである。既読だったことに。
盛田隆二さんの文調は、それほど魅力的なのだ。
静寂と熱狂、切なさと心の葛藤、迷いと決断。すべてが融合された長編ラブストーリー。
夜の果てまで (角川文庫)夜の果てまで
(角川文庫)
(2004/02)
盛田 隆二
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

君の名残を 浅倉卓弥

君の名残を 浅倉卓弥

ごく普通の高校生、剣道部の友恵と武蔵、友恵の親友の四郎がある日忽然と姿を消してしまう。
彼らが佇んだ先は激動の平安末期。
友恵は巴となり、幼少のころの源義仲である駒王丸と同じときを過ごす。
やがて駒王丸が巴に求婚するが、返答を待たずに続く言葉「否やは許さぬ」
壮大なSF歴史小説のなかで、どうしてもその台詞が忘れられない時空ファンタジー。
君の名残を君の名残を
(2004/06/15)
浅倉 卓弥
商品詳細を見る


テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

夫と妻の時効 笹沢左保

夫と妻の時効 笹沢左保

その文庫と出逢ったのは20年前。
ストーリー展開に魅了され、一気に最終ページへ。
これで夫婦の悲劇に終止符が打たれると安堵しながら読み進むが、最終行でその思いは覆えされる。
どうしても解けない最終行。
10年後、もう一度読み返してみるが、やはり解らない。
さらにその10年後、3度めに挑む。
そして思う、著者は「ここから先は、読者であるあなたが作者となりなさい。そしてこの物語を完結させなさい」という読者へのメッセージなのだと。
夫と妻の時効
(角川文庫)
(1987/10)
笹沢 左保
商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

硝子のハンマー 貴志祐介

513.jpg

登場人物一人ひとりが主人公に思えるような、物語そのものに愛情がこもった文章と、凡人にはとても思いつかないような犯罪の手口に、逸る気持ちを抑えられず、一気に読破してしまいました。

コーヒーもう一杯 重松清

コーヒーもう一杯

ときおり匂いの魔力に戸惑うことがある。
匂いに対する脳のメカニズムはよく分からないけれど、ふと香る匂いが何十年のときを遡り、
懐かしいあのときにいざなってくれるということがある。
コーヒー豆を挽いて部屋を満たす香りに、甘く切ない思い出がよみがえる。
読み終わってから思う。
今日はマンデリンのコーヒー豆を買ってみようかと。

悪夢の身代金 木下半太

悪夢の身代金

う〜ん、さすが半太ワールド!
一見偶然や自然の流れのように思えるできごとが、最終的にひとつの糸でつながる。
巧妙な手法とプロットの組み立て方は、ただただ感嘆するばかり。

旅猫リポート 有川 浩

旅猫レポート

動物すべて大好きな私。でも犬か猫かという究極の選択を迫られたら……猫かなぁ。
「吾輩は猫である。名前はナナ。名前のない有名な猫より勝っている」という冒頭で始まる『旅猫リポート』
ライバルである犬と比べて、猫にとっては住みにくい今の人間社会を嘆きつつ、大好きなサトルと長い旅に出る。
もともと野良として生きてきたナナの強さ。
数奇な境遇をつゆほども感じさせないサトルの明るさ。
死は永遠の別れではないという観念に共鳴し、救われる。
読後は優しさに包まれて。

三匹のおっさん ふたたび 有川浩

三匹のおっさん

とにかく痛快!
もしもあんなおじいちゃんとその仲間(三匹のおっさんの二人)が身近にいたら、中学・高校時代の、行き場のない不安など感じることなく、おっさんたちの人生が目に見える目標として、現実のメサイアとして、自分の存在すら肯定できる、そんなことを思わせてくれる一書でっす〜!

三匹のおっさん ふたたび三匹のおっさん ふたたび
(2012/03/28)
有川 浩

商品詳細を見る

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。