気温600度と桜?

さくら


今日は春分。
太陽が真東から出て真西に沈み、
昼夜の長さがほぼ同じ日。
自然に感謝し、春を祝福する日でもあるらしい。

暦の上で春という文字を見つけると、
外気温は冷酷でも心が温まる。

そういえば、と思い起こしたのは
テレビ画面から聞こえてきたお天気おにいさんの言葉。
「2月1日から毎日その日の最高気温を足して、
累計が600度に達する前後の日に桜が開花する」
という法則。

ちょうど立春のころ聞いた情報に、
脳は桜で満開になった。
その600度もそろそろかなぁと思うと、
メロディとともに自然に洩れ出るフレーズは
♪ さくらいろ〜、舞う〜こ〜ろ〜♬

そうだ!今日は春分、春に祝福する日なのだ。
カラオケに行って、春を乾杯しなくっちゃ!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

桃の節句

お雛様


♪ 灯りをつけましょぼんぼりに〜
お花をあげましょ、桃の花〜

「寒い」という形容ではあらわしきれない
「痛い」ほどの寒さからようやく解放されたこの季節、
知らず知らずのうちに口ずさんでしまうフレーズ。

春を感じさせてくれる桃の花。
日本の伝統がそのまま凝縮された世界、ひな飾り。

和室に黙坐しているお雛さまを前にすると、
身体から力が抜けていくような、
不思議な空間が生まれる。
その空間にずっと包まれていたい……

それはきっと女の子の、女性の憧れの
すべてが存在しているからかもしれない。

その昔一般的だった流し雛も、現代のおひな様形式も、
いずれも子どもの災厄の身代わりになってくれるという。
だからそんな神秘的な感覚を覚えるのだろうか。

俗説として、桃の節句が済んだらすぐ片付けないと、
婚期が遅れると言われているが、
では飾る時期はといえば……二十四節気のひとつ・
雨水の日に出すと良い伴侶に巡りあえるとか……

もちろん我が家も2月18日(雨水)にクローゼットの
閉ざされた空間から現世に出演していただきました。
良い伴侶に巡り会えることを祈りつつ!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

雪のなかから……春?

はる

今日は立春。
二十四節気のひとつで、暦の上では春!

とはいうものの、極寒の信州では、
1年でいちばん厳しい時期である。
朝はマイナス2桁になることもしばしば。
積もった雪が根雪となり、
我が家の庭は一面銀世界に彩られる。

少し硬くなった雪を踏みしめ、
まぶしい陽光に目を背ければ、
雪のあいだから顔を出している
可憐なピンクの芝桜。

こんなに寒くても、
確実に春が息づいていることを感じ、
心なしか身体もあたたまる。
お〜、神さま、どうかわたしにも春を……

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

信州人と信州サーモン

信州サーモン


何年か前、友人と「昼間っから呑もう会」を結成。
ところが昨年まで 2回目を決行することなく、
いつの間にかときが経ってしまった。

新年の抱負に「今年は酒宴の多い年にしよう!」と
誓ったばかりである。
と、言い訳しつつ、またまた温泉旅館の
“昼プラン” で、ランチと露天風呂を満喫して、会を再決行。

そこは古民家風の温泉旅館。
部屋は広く、中央に置かれた大きなちゃぶ台が、
たぶん昔こうであっただろう田舎の生活を物語っていた。

その大きな食卓に、
次々と郷土料理が並べられていくなかに、
信州サーモンのお造りも。

それはニジマスとブラウントラウトをバイオによって
交配させた1代限りの養殖品種。
肉厚できめが細かく、体色が銀色。
繁殖能力を持たず、
生産は長野県水産試験場のみで行っているため、
信州でしか食すことができない。

鮭は好きだけれど、スモークサーモンは苦手のわたしも、
信州サーモンは癖がなくて好きな逸品なのだ。

そしてこれまた信州が誇る銘酒「大雪渓」の熱燗とともに、
信州名物を肴にほろ酔い気分で露天風呂。
これぞ、信州の醍醐味!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

新年会

新年会


昨年の反省は、
仕事が忙しいという大義名分を言い訳に、
友人との付き合いをなおざりにしてしまったこと。

今年は酉年、猿は去ったけれど、
反省猿次郎を見倣い、猛省。
何年か前に結成した “昼間っから呑もう会” を再開したのである。

温泉旅館の日帰りプランで、気のおけない友人と
ランチと食前酒でカンパ〜イ!
そして誓う、今年は酒宴の多い年にしよう ‼︎

ど、どんだけ呑んべい ⁉︎

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

謹賀新年!

白鳥写真3月12日1

あけましておめでとうございます。
西暦2017年、平成29年が始まりました。

今年は酉年。
鳥といえば、信州安曇野の犀川白鳥湖と御宝田には、
毎年1,000羽超のコハクチョウが
シベリアから越冬のために飛来する。

ボランティアの方々が餌やりをするのを狙ってか、
鳶や鴨などさまざまな鳥たちの楽園となる安曇野では、
極寒の張りつめた大空を
優雅に舞う白鳥や鷹などの姿を見かけることもしばしば。

酉年の2017年。
鳥に倣い、わたしも大空高く羽ばたこう!

拙いブログをご笑覧くださりありがとうございます。
みなさまにとって良き1年でありますよう。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。