おいしい!かんたん!糖質オフのやせるスープ 牧田善二

糖質オフのやせるスープ  

健康志向の現代。
特に食事は大切。
なかでもダイエットレシピの紹介本は多い。

健康面からもスタイル保持に関しても、肥満は大敵。
ただ忙しい現代人にとって、調理に時間や手間がかかると
持続できないし、簡単でバリエーション豊か、
さらに身体に良いダイエット食にこだわる傾向があるという。

そう語るAGE牧田クリニック院長が、手間をかけず、
作り置きスープをベースに少し手を加えつつ、
糖質量を20g以下に抑えて、
基本的な栄養素をしっかり摂れるレシピを紹介。

CONTENTS
PART1 糖質オフでキレイにやせる!
PART2 すぐに作れる ‼︎ クイックスープ
PART3 温めるだけ ‼︎ 作りおきベーススープ
PART4 しっかり作る ‼︎ ごちそうスープ
PART5 食べ方を覚えてダイエット効果UP!

肥満はカロリーの過剰摂取ではなく、
摂り過ぎた糖質が脂肪に変化して起こる。
だから糖質を20g以下にし、たんぱく質と野菜を
豊富に使ったスープは、肌荒れやリバウンドを防ぎ、
デトックス効果や抗エイジング、代謝UPなどが
期待できるとのこと。
今日から、右手に包丁、左手に本書……かな!

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

ネイティブはこう使う! マンガでわかる冠詞 デイビッド・セイン

ネイティブはこう使う! マンガでわかる冠詞

不定冠詞、定冠詞、無冠詞などがある冠詞。
日本人には冠詞の概念がないため、
たった3種類しかない冠詞なのに、
たいへん頭を悩ませる品詞だという。

そうなのだ、イングリッシュを勉強しても、
いまだによく理解できない。
日本語での日常会話では
たいがい一人称を省略してしまうし、
数を意識したりしないし、冠詞ってなに?ぐらいの
認識しかないからイングリッシュの文法はハードルが高い。

文化の違いなのだろうと自分に言い訳しつつ
見て見ぬ振りをしていたとき、
Kindleの日替わりセールで出逢ったしまった本書。
長年ずっともやもやしていた暗部が明るくなるかも
という期待をもらえて即購入。

そして使えるネイティヴ表現、
知らなかった「a/an」が持つ別の意味、
「top banana」というフレーズなどに思わず感嘆のため息。

本書は、登場人物のなかの英語を勉強中の翔太や、
翔太の家にホームステイしているマイクたちが
おもしろおかしく説明しながら、分かりやすい図解とともに
遊び感覚で学べる冠詞に特化したイングリッシュテキスト。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

N.Y. ニューヨーク小町1 大和和紀

NYニューヨーク小町1

時代は文明が開化された激変の明治。
ところは東京芝の小間物問屋木乃花屋(このはなや)。
16歳の若主人・木乃花志乃(このはなしの)は
母が早くに他界し、木乃花家に
跡取りの男の子がいなかったため、男として育てられた。

道場一の剣達者、学問所一の秀才、
美形でモテモテの若旦那……世間からは
そう思われていたし、本人も気持ちは男だった。

しかし父と後添えとのあいだに弟・千太郎ができたから
という理由で無理やり女性に戻され、
不本意にも小町の格好をさせられてしまった。

そんな折り、賊に襲われそうになっていた開拓使官園の
教師ダニエル・アーヴィングを得意の剣で助けた志乃は、
彼から女性が自由で自立しているという
ニューヨークの話を聞き、渡米することを決意する。

そして横浜から黒船に乗りニューヨークに向かっていると
思っていたが、実はその船は北海道のエゾケ島へ
牛や馬を運ぶアーヴィングの家畜運搬船だった。

そこで知り合った生物学者であり、科学者や冒険家でもある
商人のプラキストンの家に居候させてもらうことになった志乃は、
帳簿の計算の手伝いと、世界の名花として
レディになることを条件に、彼がニューヨークに渡る際、
いっしょに連れてってもらうよう約束をかわす。

函館のプラキストン邸で、帳簿の整理と
習い事におわれながら、ときどき訪れるアーヴィングに
甘く切なくくすぐったい、初めて覚える感情に戸惑う志乃。
容姿端麗でおめでたいほどお人好しのアーヴィングと、
才色兼備でなんでもこなしてしまうのに、
気が強くて無鉄砲な志乃との国境を越えた恋は……

あ〜、やっぱり
和紀さま〜!なのだ。
ストーリー展開の魅力もさることながら、
主人公も相手役も美の完成品!
現実には存在しない
憂いあふれるその美にため息が漏れる。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

人生逆戻りツアー 泉ウタマロ

人生逆戻りツアー

自分の葬儀に参列していた。
りんごの木に登って降りられなくなった仔猫を
助けようとして、そのまま落下し即死したのだ。

埋葬は終わり、
ひとり立ち尽くしているクロード・ルパージュは
魂の領域へと旅立ち、美しい守護天使 3 人と再会した。
天使の役目は、天界での記憶をなくして
現世に生まれた人々を守ること。
そして天使とクロードとの、
逆向きの人生回想体験紀行がはじまる。

それは自分の側から人生を振り返ること、
それから自分が影響を及ぼした人の視点で、
善いことも悪いこともその影響が
どのようなものだったのか知ることができる旅だ。

長年スーパーに勤務していたクロードには夢があった。
しかしそれはいつしか海の底に沈んでしまった夢となった。
画家になりたかったのに、理性ある思考がささやき、
自信がなく悩んでいるときにイレーヌと出逢ったのだ。

イレーヌと結婚し、3人の娘たちも巣立ったある日、
すべての人が幸せを感じるような日に、
突然彼女から離婚を切り出された。
こんなにも愛しているのになぜ?
辛い想いに囚われていたクロードだが、
人生逆戻りツアーで知ったのは美しい真実だった。

オカマ姿の神さまがクラブでガン踊りしたり、
最新式の脱毛マシーンでムダ毛処理したり、
笑いを織りまぜながら、愛とは、
自分自身が持つ真の存在とは、
人はなんのために生を得たのかが問われるファンタジー。

……人生に起こりうるできごとには、すべて意味がある。
辛いことも悲しいことも慟哭に満ちたときも、
幸福に包まれたときにも、神と一体となって……

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

きょうのスー1 マツダ ユカ

きょうのスー1

東京の玉川上水が流れる自然豊かな住宅街。
鳥も多いその街に住んでいる
スズメのスーに嫁ができた。
が、嫁のスー子は美人だけれど、
かなり変わっている。
ヘビをおもちゃ代わりにしたり、
虫を細かくちぎったり……

そんなふたりに雛が生まれ、
彼らを中心に鳥たちの日常が描かれる。

スーたちの子ども、要領のいい弟と
ビビりの兄ちゃんとの仁義なき兄弟対決。
美人の白鳩に命令されると、
いうことをきいてしまうドバト。
クモの巣にかかったシジュウカラのモミアゲ先輩。
煙突の煙に興味津々で
突っ込んで満足するハシボソガラス。
寒さに強いクールなヒヨドリと、
集団で暖をとるメジロ。
柿をめぐってムクドリを追い出し、
カラスさえ寄せ付けない強気なオナガ。
見分けがつきにくいコガラとヒガラにシジュウカラ。
シベリアからやってきたツグミ。
好きな独り遊びから、ふと我にかえり、
婚活を決意するハシボソガラス。

人間社会を彷彿とさせる物語は、仲間にハブられたり、
油断しているとハシボソガラスや猫に襲われたり、
食糧を横取りされたりと、
弱肉強食の厳しい自然界も踏まえつつ、
4コマ漫画でユーモアたっぷりに鳥の世界が描かれる。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

映画にまつわるXについて 西川美和

映画にまつわるXについて

周囲が持て余すような気性の激しい朝青龍関は、
現実を生きるヒーローにはなり得なかった際どい豪傑。
傑作映画に感動しつつも現実では受け容れられず、
フィクションの世界だけにとどまってほしいヒーローのように。

悔恨だらけの黄昏にたたずむヒーローを心の糧とし、
とるに足らない物事にくじけ続けるちっぽけな人生に
寄り添ってくれる黄昏どきのヒーローを描こうと
もがいているとき、傍若無人の朝青龍関の気迫が
再び執筆する気力を奮起させてくれたと語る
映画監督西川美和氏のエッセイが綴られる。

凄まじい自信とプライドを持つ役者たち。
崩しては書き直し、書き直しては
たびたび崩して完成させる脚本。
原案から脚本、映画の完成までが、ひとつの物語になって、
巧みな比喩と擬人法、秀逸な文章力、
完璧な文末で描かれる映画の世界。

「映画にまつわるXについて」「ヒーロー」「裸」「オーディション」
「バリアフリー」「信仰」「再生」「お仕事探訪」「生き物」
「アプローチ」「免許」「音」「プール一杯分のビール」
「快適な入院生活」「ブリーズ・ストップ」「迷い犬」「蔵書の掟」
「私の名医」「深夜二時の男」「ああ、旅情」「同胞の人」
「夢のあとさき」「原案」「キャスティング」「是枝監督のこと」
「香川照之のこと」「オダギリジョーのこと」「その気のない転機」
「わたしが監督」「夜の闇」「緑色の氷嚢のあたたかさ」
「カエルとダザイ」「足りない女」「密陽に射す光」
「その気のない転機」「父のカチンコ」「あやふやな東京を撮る」
「あとがき」「文庫本あとがき」「装丁にまつわるXについて」
をテーマに、映画の醍醐味とは真骨頂とはなにか、
どのシーンに作品の命である意味があるのか、
現実には存在しない人間を演じることで
観る側の夢を作るなどなど、 映画を絡めて興味深く語られる。

著者は言う
《途切れぬ現実と戦う人々が、ひと時でもおのが暮らしから
距離を置いて、息をつける暗闇をしつらえておくために》
映画をつくるのだと。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。