地獄に楽園?

さる

気温氷点下4度。
イタリア人たちのリクエストでやって来たのは
外国人に大人気のスノーモンキーがいる地獄谷温泉。

朝7時に家を出て、1時間強で上林温泉到着。
そこに車を留め、30分ほど雪深い山道を歩く。

お〜、浸かってる浸かってる。
気持ちよさそうに入浴している姿は、
まるで猿たちの楽園かな。

標高850m、
1年のほぼ1/3が雪に覆われる厳しい環境。
急峻な崖と立ち上る湯気を見た太古の人々が、
この地を地獄谷と呼んだとか。

地獄谷なのに楽園とはこれ如何に ⁉︎

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

Jドリーム完全燃焼編1 堀内夏子

ジェイ

ドーハから4年、ついに日本が世界に臨む日がやってきた。
一次予選第一試合は日本対フィリピン。
赤星鷹率いるワールド・ユースが先制。

1点先取して積極的に攻めることのできる日本は
立浪・柳木とボールを回し、
迫丸が2点目をゲットしサポーターのボルテージは上がる。

終わってみれば5対0の日本圧勝、続くマレーシア、
カタール戦も快勝し、
フランスへ向けて最高の出発となったが……

複雑な家庭環境、年齢による衰え、故障や怪我、
さまざまな事情を抱えつつ、日本代表を勝ち取るための
ポジション争いが熾烈を極めるなか、W杯を目指し、
最終予選の幕が開く。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

センター試験、問題を解くための防寒対策

椅子

1月も後半に入り、いよいよ受験シーズン。
受験生は万全の体制で臨みたいですね。

よく言われる頭寒足熱、
でも試験会場はエアコンが効いているので、
頭部のあたりは暖かく、
足元が冷えるという状況が多い。

そこでうまく体温調節ができるよう、
下着はTシャツほどの薄めのもの。
その上はブラウスやカーディガン。

そして下半身は厚手の靴下やブランケットなどを
準備するのが好ましいとか。
あと少し。
力のすべてが出せますよう。
寒さやインフルエンザウィルスに負けず、ファイト〜!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

Ti piace la cucina giapponese ?

おせち

クリスマス休暇と有給を使って来日したイタリアの友人たちは、
年末年始をはさみ10日ほど安曇野に滞在し、日々をともにした。

その間、和食の真髄を味わってもらいたい……そんな願いから、
近くのお寿司屋さんにその旨打ち明けて握っていただいた
お寿司は、この山国では奇跡といえるほど美味だった。

たぶん彼らもその味に驚いたはず。
口に入れた瞬間、びっくり目をしていた。

友人の口癖は「イタリア料理がいちばんでしょ!」
もちろん、イタリアン大好きだから最高だよ。

でも「日本料理も負けてないでしょ?」
と、言いたかったのだ。

もっとイタリアを知って好きになりたい。
日本をもっと知ってもらって好きになって欲しい。
そしてもっともっと仲良くなれたら嬉しい。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

はじめてでも上手にできる 刺しゅうの基本 監修 川畑杏奈

刺繍

勤務から解放され、就寝までの時間が
充分にあったころ、毎夜編棒を手にしていた。
教室に通ったことはないので、編み物の本を横目に
ほとんど我流だったけれど。

冬は触れているだけでぬくぬく暖を感じるウールで、
夏は涼やかな麻や木綿で、
年間10着ほど編むこともあった。

でもお裁縫は苦手だった。
だから刺しゅうもほぼチャレンジしたことはない。

なのに本書を購入したのは
「はじめてでも上手にできる」という文言に惹かれたのと、
棒針編みで絵を描く編み込みと刺しゅうが
似ていたからかもしれない。

表紙をめくると、針や糸、布にトレーサーなどの
必要な道具、図案の写し方や糸の扱い方といった
刺しゅうの基本から、ステッチの種類に具体的な図案、
うまく刺すコツなどが分かりやすく解説。

未経験者でもトライしたくなる、
初心者のための刺しゅうの教科書。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

3つの首

冬

1月中旬。
全国一冷え込んだのは信州菅平でマイナス23.9度。
ここ安曇野もマイナスふた桁に届いた。

寒いというより痛い。
この寒さを凌ぐには、身体全体を温めるより
3つの首に重点を置くと良いらしい。

具体的には首にマフラー。
手首に手袋。
足首は厚手の靴下。

極寒の季節は始まったばかり。
モコモコで厳しい冬をやり過ごそう!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

太る女 第1話   甲斐 今日子

太る

4年前に事故で両親を亡くし、
祖母と二人暮らしになってしまったが、
中澤弘行(ながさわひろゆき・30)と婚約し、
営業部の主任になった菊池華子(きくちはなこ・29)は
社内でも羨ましがられる存在だった。

それが原因もわからず、ヘルスメーターに乗るたびに
3kgずつ増えていくという謎の肥満病に陥った華子は、
大学時代からいちばんの親友である奈津美に
ダイエット法を教わり実践するが効果はない。

炭水化物と油を一切断つ食事をすることにしたが、
体重はさらに5kg増加し、社内でのあからさまな陰口と
イジメ、身に覚えのない失態で降格させられる。

唯一の味方だと思っていた親友の奈津美が
実は華子を陥れようとし、
親代わりである祖母にまで拒絶された華子は……

決して他人事ではない恐怖におののきながら、
その意味するものがなんなのか、
次巻が待ち遠しい肥満ミステリー。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

再会

コテージ

あれから約4か月。
懐かしい顔に再び巡り会えた。

極寒の夕暮れどき、
音もなく雪が降りはじめたなか、彼らはやってきた。
蝶ヶ岳の登山口にあるコテージ。
遠くイタリアから来日してくれた友人たちとの
感動の再会だ。

抱き合い、両の頬と頬を合わせる。
イタリア流の挨拶である。

広いウッドデッキがあるこのコテージは
お気に入りでときどき訪れる。
ただこの時季は寒すぎてデッキでの夕餉は、
人間が凍ってしまう。

痛いほどの冷たい外気とは裏腹に、
コテージには暖房と懐古で温かい空気が流れていた。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

30分で3品完成! 作りおき糖質オフおかず210 牛尾里恵

糖質

肥満の原因は
身体活動に必要なエネルギーを越えた食料摂取。
と、簡単なことではあるが、
食べる量を制限するのは難しい。
そこで糖質オフなら、
無理なダイエットをせず痩せられるという。

糖質オフのメリットとしては
1.カロリー計算がいらない
2.たっぷり食べられる
3.お酒を飲んでも大丈夫
4.健康になる

編集者と著者の
「痩せたい」という切なる思いで完成したという本書は、
実践できる糖質オフレシピ&ダイエットのサポートとして、
食材選びの基本からはじまり、
自分に合うコースレシピも選べる嬉しい1書。

身近な食材とどこの家庭にもある調味料を使い、
しかも食べたいメニューも掲載。
痩せたいと考えている人、健康になりたい人に必見。
作りおき野菜おかずシリーズ第2弾。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

紫ブロッコリー

紫

「何色が好き?」
「紫!」
即答していたのは中学生のころだったろうか。
今も変わらず大好きな色である。

最近スーパーマーケットには、
ご近所農家が出品している
地場野菜コーナーの売り場がある。
新しもの好きで探究心旺盛&研究熱心で
勤勉な信州人気質の農家さんは
常に目新しい野菜を供給してくれる。

先日買い物に出向いた折り、
そのコーナーでアホづらを晒してしまった。
紫色のブロッコリーと白菜が鎮座していたのだ。
新種の開発もここまできたか、と思ったが……
紫なのは、冬の寒さのせいで
アントシアニンが出ているためだとか。

免疫力を高め、コラーゲンを生成するビタミンCが
豊富なので美肌効果抜群、カロテンやカルシウムも
多く含むため、風邪や生活習慣病に
骨粗鬆症の予防も期待できるブロッコリー。
そのうえ抗酸化作用、目の機能、血流にも
良いとされるアントシアニンまで含まれるとは、
こんな最強野菜は奇跡ではないだろうか!

この冬は大好きな紫をたくさん摂って、
健康と美を獲得……できるかなぁ……

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

はじめアルゴリズム① 三原和人

はじめ

宇宙の法の語り、
その声を数という体系で表したものを数学と呼ぶ。

そして数学は難問を解くのに
長期間集中する粘りが必要であるため、
若者の学問とされている。
だから年老いた自分はもう数学者ではないと
感じている内田豊だったが……

語りの声に呼ばれたのか、
母校の産島町立境中学校に向かっていた。
校舎の一室には、壁一面に数式が書かれている。
数学に夢中だった内田が、当時授業をさぼり
考えていた公式だが、驚いたことに
途中だった式が完成されていたのである。

内田はそこで
「数学で世界を全部知りたい」と、
雲や木の枝に水の波紋まで数式で表してしまう
小学5年生の天才少年関口ハジメと出逢う。

世界への多様な観点を教えてくれる数学。
美しいものを美しいと感じる心が情緒であり、
情緒を通して問いが開く、それが数学。

数学を通してハジメが観る世界とは……

人脈、地位、名声、名誉、すべてを得、それ以上を
失ったかつて天才ともてはやされた数学者が、
天才少年と出逢いふたたび火が灯る
ハジメと内田のアルゴリズム物語。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

あけましておめでとうございます!

新年

今年の干支は己亥(つちのとい)。

そこで、己亥について調べてみた。
己は完成した自己や組織が次に進む準備の年で、
亥はエネルギーを貯める時期だという。
つまり種のなかで、じっと春の息吹きを待つイメージで、
知識を増やし精神を育てるなど、
内部を磨くことに向いている年とのこと。

毎年、節目である元日には
自分なりの抱負を持つようにしている。
今年は干支にちなみ、昨年からはじめたイタリア語の
ステージアップに努めよう!

今年もよろしくお願いいたします。
ご笑覧くださる皆さまにたくさん幸せが訪れますよう!

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

人生はおもしろい ⁈

コロッセオ

長い人生には転機とか変換期という時期がある。
わたしにとって今年はまさにそんな年だったように思う。

海外などもう縁がないものと思い込んでいた。
変わり映えのない日々を過ごしてきた日常が一変し、
遥か彼方だったイタリアが身近な故郷になった。

「だから人生はおもしろい」という台詞を
よくドラマなどで耳にするが、
どこかひと事のように聞いていたこれまでの人生。
今年はそんなおもしろい人生を体感できた1年だった。

来年はどんな年になるのか待ち遠しい。
といっても、もうカウントダウンは始まっている。

ご笑覧くださったみなさま、今年もお世話になりました。
どうか来年もよろしくお願いいたします。

良い年をお迎えください。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

千年の黙(しじま) 異本源氏物語 平安推理絵巻(創元推理文庫) 森谷明子

千年

夢心地のなか、甲高い鳴き声を聞いた。
猫だ。
お屋敷でも猫好きで有名なあてきは猫を探すため、
濃霧の庭に出て柿の木に登ったが宙吊りになってしまう。

そこへ少年・岩丸がやってきて、
あてきと猫を軽やかに助けてくれた。
彼は左大臣・藤原道長の使いで
屋敷の女主に文を届けに来たのだという。

西の京のはずれで生まれ、母者を早くに亡くし
ばばさまに育てられたあてきは10歳で
大国越前の国守のお屋敷に上がった。

そのお屋敷の御主は物語を書いていた。
源氏の君が主人公の、あの物語である。

ある日、清少納言が御車につないでいた
帝ご寵愛の猫が姿を消し、御主が心を込めて描いた
紅葉の書きつけが文箱からなくなるという
奇妙な事件が起こり……

千年のときを経て源氏物語が
新たな形でよみがえる平安推理絵巻。

テーマ : 本の虫
ジャンル : 小説・文学

サンタさん、ありがとう!

ブレゼント

思いもよらず、クリスマスプレゼントが届いた。
贈り主は東京に移住した高校時代の同級生。

逸る心を抑えつつ、丁寧に包装紙をあける。
オリーブ、ガーリック、チーズ、ごま、昆布、
えび味の、ひと口大にカットされたパイ。
代官山シェ・リュイの人気No.1の商品らしい。

なんてオシャレ!と感動しつつ、ひとつつまんでみる。
お〜!
こっ、これはワインにぴったり。

あっ、年末に遠くイタリアから来日する
友人たちとのコテージ泊で、彼らといただこう。
イタリア人の味覚にもきっと合うはず。

サンタの着ぐるみを着た同級生を思い描きながらつぶやく。
「ありがとう!
来年のクリスマスにはわたしがサンタになります」

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : 江戸時代になり一般に普及して 明治6年 太陽歴採用

カウンタ
Kindle 電子書籍の購入
電子書籍リーダー
honto 電子書籍の購入
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
プロフィール

Hollyzard

Author:Hollyzard
本が恋人です。
料理は大嫌いですが、でも実は天才なんです(笑)。
外でおいしいお料理に出会うと、勝手にアレンジしてマイレシピにしてしまいます。